飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 12日

悦楽の初乗り。

悦楽の初乗り。_f0057849_15411535.jpg

...というか?

4ヶ月振りの逢瀬と相成ったから、思い切ってその間に無事開通した信貴生駒スカイラインに此方は何年か振りに上がって来ました。

暫く忘れていた感覚...

クルマも恐らくその4ヶ月の間、動いてなかっただろうから最初は少し硬かったがエンジンが温まり清滝のトンネルを抜けて山道を駆け上がる頃はあの"踏まば何処までも.."な無限の誘惑のフェロモンもムンムンして来出し、料金所〜生駒山頂を過ぎ小雪の中ワインディングを暫し愉しんで居りますと、そんな久々の熱に当てられそうになりましたので十三峠の処で一服する事にしました。すると遠方から先程すれ違ったやる気のあるsoundを響かせるシルバーのエリーゼが折り返してきて目の前を過ぎた! そして山あいに長くその残響をとどろかせやがて溶けてゆくのを寒空の下に独り聞き入る。。。

ええなぁ...

悦楽の初乗り。_f0057849_1516848.jpg

少しほっこりして、ノーマルホイールに戻った佇まいを久し振りにしげしげと舐め回すように眺めて悦に浸る。*次記事にて...

『さて、腹減ったし戻るか?』 と 重い車体をよっこらしょ!っと、大阪方面に舵を切ってのそのそと車道に出ましたら、カーブから真っ赤なスポーツカーが駆け上がって来た! 道を塞ぐ形だったので慌ててアクセルを踏んでMを反対車線に乗せた。...少し反射的にハンドルを切らせてしまったかも知れない。
悦楽の初乗り。_f0057849_15512590.jpg
*画像はネット上よりお借りしました<(_ _)>

特徴あるシルエット、多分512TRだ!

危険と言う程ではなかったろうけど、ちょっと申し訳なかった...と思い。もし引き返して来られたら謝ろうと暫く行って引き返し再び十三峠まで戻る事にした。すると程なくその少し手前で折り返してらっしゃったのか?今度はその512TRとすれ違ってしまった!。。。踵返して追い掛けるのも何か変だし、下手すれば12気筒追いかけっこ若しくは煽りと誤解与えるかも知れないし結局そのままでした。ゴメンなさい<(_ _;)>

...しかし、車中からではあったが この山道を疾走する12気筒発動機のサウンドと迫り来る巨大な平べったい赤い塊の迫力と、すれ違う際の視線を釘付けにするサイドからテールの造型は何かもう走る芸術品の域であり存在自体が唯一無比でありますね? 何か非日常/非現実的なものに出くわしてしまった様にドキドキします♪




More
タグ:

by one_after909 | 2019-01-12 16:21 | FERRARI | Comments(0)
2019年 01月 04日

オヤヂ酒...

オヤヂ酒..._f0057849_18565265.jpg

あけましておめでとうございます。


年末なんとか持ち堪えてる状態でしたが、元日に意識まで朦朧として来る始末で、あ、流石にこりゃアカン! ア〜ウチ!

遂に、開いてる病院へ。。。

折角、帰省して来た娘・息子に何もしてあげれず寝たきり椴オヤヂで情けない限りの三ヶ日でした。遡りまして年末30日の事、ウチに彼女を連れて来た息子達と晩餐の際に開けさせていただきました..。
オヤヂ酒..._f0057849_0325285.jpg

鞘皮由来なのか?心地よい苦味とスパイシーで鉄分のしっかりした部分、嫌味すぎない甘いまろやかさが上手く同居したとても美味しいスイスのワインでした..。独りでスイスの風情思い出しながらこの休みに悦に浸らせて貰おうかな?と目論んでいたのが、更にとてもいい思い出の味と相成りました^^ありがとうございました。


More
タグ:

by one_after909 | 2019-01-04 01:02 | WINE? | Comments(0)
2019年 01月 01日

get enough, girl

get enough, girl_f0057849_13441597.jpg

休暇中のSir.よりの贈りもの アルバム・アウトテイク(?)もなかなか凝ってます。結構攻めてます!後半の展開が一聴、好き♪

元日から新曲が聴けるたぁ 幸先いいねぇ^^



ZARAのお店で流れてる歌の様な、オートチューン声...(笑) でも今の時代の流行りだし、曲の雰囲気にもマッチしてるかな^^

シンプルなラブソング。

BEACH BOYSの大好きな"your summer dream"と似た情景が脳裏に浮かんだ。...これから始まろうとしてる'若い恋'とは視点異なるけどね^^

get enough, girl_f0057849_12321243.jpg

そう言われてみれば、音触り/エフェクトからなんとなく判るが 最新アルバム中では唯一異なるプロデューシングだった"Fuh You"*ボーナス曲"Nothing For Free"もと同じく Zach Skelton / Ryan Tedder (One Repubric)によるものとの事。アルバムでちょっとだけ踏み込んでみたものが受け入れられ#1にも輝いちゃったから、更にもう一歩踏み込んでみたんも出しちゃえ!...そんな処(そうかどうかは知らんが(笑))もファンとしては微笑ましく受け入れられる。

'最先端の音楽/styleの吸収と自己昇華'

思えばBEATLESも、ソロになってからのPaulも '79〜'80年頃迄は顕著に、'84〜'86年位まで楽曲自体そうやったもんな? 聴き手である自分達も流石に乖離を拭えない事を悟った'88年辺りからは少し切り離れてREMIX ver.とかでその傾向は続くこととなるのだが... 

今回、思い切りブチ込んで来たのは潔くていい!*ここの所のコラボで得られた物もきっとあったんでしょうね^^?

楽しみ方とすれば、'Kisses On The Bottom'の時と同じで出来の良い本編に、後発の"Christmas Song"をくっつけて聴いて季節感除けば正解だった様に、"Nothing For Free"の後に...で違和感ないと思います


...あ、でもCDではないんだっけ?


More

by one_after909 | 2019-01-01 09:56 | THE BEATLES | Comments(0)