飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 31日

令和二年 元日

令和二年 元日_f0057849_17435229.jpg

あけましておめでとうございます。


本年も宜しくお願い申し上げます

…と行きたいトコなのではありますが、年末から急にPCからログインが出来なくなり往生致して居ります。

cookieがどうのキャッシュがどうの…って全くわかりません134.pngどなた様か対処方法ご教示願えれば嬉しいです。


あ!そりゃ"もうそろそろ潮時やで"ってお告げなのか(笑)!? は、さておき、鋭意開発中の丸に梅鉢の家紋/実名/地名入り新型は5月に間に合うのだろうか? そんな元日時計小ネタ。

14年目臆面もなく^^;… 今年も"Try to find sunny side of …"(2つ前のチェット・ベイカー)で参りましょう♪



by one_after909 | 2019-12-31 12:47 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 12月 28日

silhouette

silhouette_f0057849_18483953.jpg

ROMA


そして遡る事20年も前のあの時代。456Mにこの流麗なプロポーションを与えた奥山さん...

均整の取れた奇を衒わない普遍の美しさ。嗚呼、恋しい


silhouette_f0057849_110269.jpg


2019年の晩秋夕暮れに佇んだ記憶。




by one_after909 | 2019-12-28 10:21 | FERRARI | Comments(2)
2019年 12月 28日

my foolish heart...

my foolish heart..._f0057849_21432810.jpg


初期の歌モノ中心しか聞いて来なかったから...


しかし知識の範囲での晩年。

この映画、表現としては好きな手法です。きっと賛否両論ありましょうけど


その初期の無垢な天使の歌声... そしてこの対比。

過程に興味はないが良くも悪くも重ねた"経験"は音楽・表現を深め、同じ曲でも別物に響き其処に惹かれたりもする、


For this time it isn't fascination

or a dream that will fade and fall apart
...



"愚かなりし我が心"

そして対比する様な人生の明暗の明るい方...



More
タグ:

by one_after909 | 2019-12-28 00:37 | etc...etc... | Comments(0)
2019年 12月 19日

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?_f0057849_1011478.jpg


元気出しや、フェラーリはやっぱ赤...ROSSOやで?


...と我が456Mは変貌した姿で其処にあった。友人は付け加え 『あ、ついでに912の方もアゲアゲのにしとったったから』と

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?_f0057849_10181710.jpg


なんと?


これは夢? 幻か? そのお隣にはあの11年前に最初に買った緑色の912が...アイボリーに塗り替えてから手元から離れていったあのクーペが、鮮やかなシグナル・イエローに変貌して目の前に鎮座していた! ああ、懐かしいなぁ? 黒のオリジナルを色濃く残した内装も其の儘だ。後ろの斜めのバッヂも...本当に懐かしい。


しかし真っ赤なフェラーリに黄色のポルシェ...

この2台が並ぶ姿は、本当に気分が高揚するな? って、クーペ? なんで? 確か今はベタベタに車高落としてタイヤも斜めに付いてるヤンキー仕様(?)になってる姿を風の噂で、いや、雑誌の誌面で見た筈やぞ?


おっと、失敬!タルガだったっけな? ほれ、後ろガラス外して幌仕様にしとったったで

More
タグ:

by one_after909 | 2019-12-19 11:14 | PORSCHE 912 | Comments(2)
2019年 12月 09日

9th December

9th December_f0057849_016095.jpg


"裏"がよく見えます^^

9th December_f0057849_0485768.jpg

GROVER オープンバックのギアが覗く景色は象徴的なもの。

一年遅れの我がカプリは5ピース、ジョンの'58は3ピースのネックだったのかな? ...ま、もう'ズバリ仕様'!とか拘わった過去も何処(いづこ)やら? 今となってはもうどうでもいいけど^^; 只 この頃のネックの形状は独特であり、平べったく幅も狭くなって最高に弾き易くなったもう少し後の'60年代前半のものと比べるとまるで四角い蒲鉾の様に無骨だ。でも15年最もよく弾いたから、そんな形状すら手に馴染み*決して弾き易いとは…言えないけどね 愛おしさすら感じ得る握り心地。...そう、


'あの頃'の空気を知っているギター rickenbacker


話を'その頃'=最初の写真に戻しまして、しかしそんなギター抱えたジョンにではなく観客の視線の先はどこに?

後の定位置とは異なるフォーメーション、しかし同じく'61の"裏"がちょっと見えるポールではなく更に端っこのジョージなのかな? 後のBBC録音とは比べ物ならないアップテンポでご機嫌なAin't Nothing Shakin' (But The Leaves) でも演奏ってるのかな? ...ま、お客さんあんまりノってる感じじゃないけど^^;
9th December_f0057849_0175058.jpg


今年はハンブルグのライブなどを聴きつつ...

Tanya DayThe Beatles

9th December_f0057849_19374999.jpg


どんな曲やったのかなぁ? 音源残ってれば聴いてみたいなぁ? とか妄想もしつつ、デビュー前後の衝動、情熱なんかに想いを馳せつつ。。。いろんな初期衝動忘れてしまったなぁと自戒。


More

by one_after909 | 2019-12-09 23:59 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 12月 07日

図解…バラしてゆく


図解…バラしてゆく_f0057849_1528964.jpg


上のやつをガバッと外す!

図解…バラしてゆく_f0057849_212394.jpg





以下続く...



by one_after909 | 2019-12-07 15:24 | FERRARI | Comments(0)
2019年 12月 04日

F116

F116_f0057849_1113812.jpg

5,473cc V型12気筒 発動機


12で割れば単気筒あたりは456.033となる。だから456って名前。

456の魅力は当然の事乍らその流麗なスタイリング、そして内に抱くフェラーリGTの名に恥じぬこのV12エンジンの双璧にある!
442馬力 最高速度298km/hを誇るこの発動機は大凡、自分の様な余りそっち方面に有難味を感じ得ない向きには正に宝の持ち腐れなのではありますが、それでも一般道で体験可能なレベルでその片鱗は充分に享受する事が出来ます。それは4気筒の悦楽とはある意味真逆の愉しみです...


"んじゃ、その中身ってどないなってんねん?"


時折、ボンネット開けた具の感じは載せておりましたが、という事で今回はちょっとその中身を開けて覗いてみましょう

F116_f0057849_15222712.jpg



禁断の12気筒の秘部!?


ゾクゾクする(病気)



タグ:

by one_after909 | 2019-12-04 17:47 | FERRARI | Comments(0)
2019年 12月 04日

short Ⅱ

short Ⅱ_f0057849_1617367.png

話コロッと変わりますが...

いろんな方のショートカットが報じられ。。。で御座います^^
short Ⅱ_f0057849_16184347.jpg


断然コッチ!...な、シシドカフカ様以来の記事。あ!ご結婚おめでとうな壇蜜さんもかっ!? *...どなたかに似てはる。誰だ-_-?

More

by one_after909 | 2019-12-04 16:38 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 12月 02日

コレのこと?

コレのこと?_f0057849_150381.jpg

wena™ wrist

lowercase

by one_after909 | 2019-12-02 15:03 | 閑話休題 | Comments(0)
2019年 12月 01日

塗装に関する私的エトセトラ...

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_12201566.jpg

前記事の412のカラー…


ARGENT MET 101/C 続くのはMETALLIZZATO..だろうか? この頃の塗料はGrasurit社なのですね?。
塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_18511299.jpg


そして⬇︎の456Mのは GRIGIO TITANIO 3238  塗料はPPG社のもの …

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_13241649.jpg

PPG社塗料は現在でもフェラーリ車の中核であり、自動車メーカーとして世界初の低温硬化クリアコート技術を採用したとの蘊蓄があるそうです。

...と、まぁそれはエコの面からも画期的なのかもだけど、今今の事で19年落ちの古い車には余り関係ない話^^;

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_11211838.jpg


GRIGIO TITANIO 色に話を戻せば、456Mチョイスの際、自分にしては珍しく内外装共に色指定しての物色でありました。


曇天下では ⬆︎の様にARGENTと似た鈍いシルバーに...

そして通常は...晴天の許では、青空の色を写す感じで言わずもがなですが、こんな日暮れ時 ⬇︎でもブルーの入った感じに振れて変幻に富み非常に趣きがあって好きです♪

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_12125531.jpg

フェラーリはやはり赤、イエローそして白辺りが圧倒的に嵌ります。

しかしこの辺りのモダン以上クラシック未満の所謂、セミ・ヴィンテージのGTには少し落ち着いた感じのお色目の方が似合ってる様な気が致します。前にも書きましたが紺色なんて本当、ウットリするくらいですね^^


塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_1275876.jpg

お写真の一台は年式からか? 流石に塗膜は少し荒れてはいますが、それでもこの深い紺色は美しく蕩けそうです。

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_1328756.jpg






つづく...




タグ:

by one_after909 | 2019-12-01 12:57 | FERRARI | Comments(0)