飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2024年 06月 13日

poems


poems_f0057849_10502297.jpg



Stuart Sutcliffe

POEMS


c.1955



スチュの詩集の表紙です。額装しましたが、付属のマットが既成の2Lサイズなので若干上下が見切れてしまっております。また改めまして加工しなきゃですね・・・


ランカシャー(現在はマージーサイド)のPrescot Grammar School在学中の詩集は、タイトルをPOEMS、POETRY等々としまして数冊存在します。


poems_f0057849_11173164.jpg

この頃ですね?
Born & Raise in Prescot ㌻より


芸術と呼ぶにはまだ尚早な…




そんな何篇かの中身も追ってupしたいと思います♪




# by one_after909 | 2024-06-13 11:20 | THE BEATLES | Comments(0)
2024年 06月 08日

reunion月間は続く…


reunion月間は続く…_f0057849_11095319.jpg


4月末の高校還暦学年同窓会/庭球部前夜祭、5月は大学硬式庭球部後輩隠居宅訪問と旧交関係が続きます。そして先日、ちょっと触れましたが、その高校の同窓会で話題になった庭球部友人が大阪の某女子大で教授をしてる件。連絡取れて嬉しくも42年振りの再会が叶いました102.png



と言うわけで先月に続きワイン注入試験も兼ねまして(笑)




上:長崎での同窓会 下:三重の後輩宅訪問時



中学は違っても試合なんかでずっと顔見知りで同じ庭球部。まぁ文系理系と違ったし、彼は進学クラスだったから…とは言え、女子大の教授職にも驚いたが兎に角ベールに包まれた卒業それからを此方が詮索する迄もなくまこと饒舌に話してくれて実に楽しかった。ほぼ聞き役だった様な^^

我々は軟庭で、大学は硬式に転向した自分とは違い軟式を貫いたと。高校時代は途中から勉学・受験専念でその中学時代市NO.1の実力・才能は惜しくも封印し部活は控えたが、やはり情熱は燻っていた様で体育会を志そうとするも、進学した大学では理工学部の生徒は部活ご法度という校則だったらしくハード系同好会で勤しんだそう。然し同様に近年はご無沙汰でただ自分と異なるのはラケットをクラブに持ち替えて早くから芝刈りに夢中お盛んらしく、誘われたが自分ももう20年近くコース出てないしそもそもクラブ握ることすら最後がいつだったか記憶にない程だから遠慮するよと答えた。…しかし、もうちょっと良くなったら何か運動始めるのもいいかもな?(って思ったり。毎度の事ながら(笑))

reunion月間は続く…_f0057849_11280623.jpg


お寿司屋さんのこの雰囲気も随分久し振り…

高校卒業以来だったから、お互いの酒の嗜好なんかも探りつつ「取り敢えずビール?」🍺でスタートでした^^
高校卒業前彼の家で酒盛り(時効)して大目玉喰らった以来だもんな^^;


江戸前の赤酢

reunion月間は続く…_f0057849_11292177.jpg


そしてその先月以来の液体燃料、否、ワイン注入試験は・・・

ビールの後、一杯目途中から早々にクラクラきてしまいエンジン掛かってハイペース化のお隣横目に自分はペースを落としなんとか2次会@裏なんば迄持ち堪えました105.pngう〜ん、まだまだやな?
翌日がまたしんどかった^^;


しかしまだ在阪1年なのに、女子プロ観戦とreal'孤独のグルメ'が休日の過ごし方…と言うだけあって自分なんかよりよっぽど詳しいのには驚いた。




「近所だし、また近々遊ぼう!」に「勿論!」と何より皆も会いたがってたで!もあわせ応えお開き。ええ時間でした^^
遊ぼって(笑)エエな?…教授



the continuing story of・・・つゞき

# by one_after909 | 2024-06-08 12:08 | 閑話休題 | Comments(0)
2024年 06月 07日

その時代

その時代_f0057849_10350722.jpg


1936年のスクラップブック


当時の大阪朝日新聞、毎日新聞を中心に日々の事が丁寧に切り抜き貼られている。㌻は東郷平八郎元帥逝去の記事で始まり勿論、軍事色・海外のキナ臭さはあれどまだ平穏なニュースが大半を占める途中、唐突にひと際㌻をさかれた一連の記事に目を奪われました・・・


その時代_f0057849_10360312.jpg


帝都に大異變勃發

青年將校ら七ヶ所襲撃 重臣大官五名死傷す


…所謂、"二・二六事件"を報じるものであります。



その時代_f0057849_10371040.jpg
その時代_f0057849_10364088.jpg









スクラップブックは徐々に戦時色が濃厚となり、最後の方は戦況・戦果を報じるもの、凄惨な特攻出撃を賛するものが多くを占め、やがて大量の新聞記事切り抜きのまま貼られず挟んだだけの状態が妙な生々しさと、この当時の作成者さんの厭世感の様なものが伝わって来る様です。



この二・二六記事のたった2㌻前、そこには・・・




the continuing story of・・・つゞき

# by one_after909 | 2024-06-07 11:48 | 諏訪根自子 | Comments(2)
2024年 06月 03日

紫陽花色のお洋服と曲。

紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13335563.jpg


「なんやワレ?やるんか?」


なファイティングポーズ・ゴリ子奥目が怖い^^;


紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13415545.jpg


「しゅっ!スウェイっ!!尚弥ばりにパンチ見切るで!?」
…腰いわすからほどほどにな。




折角今日は新調(手作り)して貰ったあじさい色のお洋服を着てるのにね?なんともまぁ・・・お転婆。

106.png


紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13444146.jpg
紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13374046.jpg



そうそう、営業smileは忘れずに♪



紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13450419.jpg


全般的にまだ少し本咲には早いようですが、紫陽花とのマリアージュもなかなかのお洋服でした。



紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13551012.jpg



お堀と向こうのビル群。もう既に初夏の空の気配も感じられ…



紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13574540.jpg


秋生まれだから、60回目の夏。


夏は永遠で当たり前に遣って来るものと

あんまり意識する事もなかったけど、當然あと40回くらい・・・え?百迄生きるんかい106.png(笑)!?って感じですが、それはさておき限られてるって事も昨年ぶっ倒れてからいやがおうにも意識する様になりました。

紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_14094062.jpg
紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_14133148.jpg
ズンズンゆくゴリ子


ま、それでも日々は変わらず続くわけで


いろいろ考えても仕方ないから、やりたい事をやる!


…という事で、テーマ""。前記事で少し触れましたその次に額装予定のスチュ15歳の頃の青い詩「The Traveller」に載せてつくって断念した曲。迷宮に入り込んでしまったので思い切って作詞の方にお願いしてみる事にした。
means 曲(自作)だけ採用、詩は…な本末転倒^^;

もうイッコの理由として今の自分では絶対に書けないであろう"夏の恋の機微"みたいなのを、お若い方の現役感で表現して貰いたかったから。まぁ上がってきて果たして其れを理解出来(自曲に受け入れられ)るのか?…なのではありますが-_-;


さて、どうなるか?See what's happenであります♪


紫陽花色のお洋服と曲。_f0057849_13535680.jpg
「まぁ頑張りや〜」



キミとの日々もなかなかに楽しい。キミは夏生まれやから4回目…やな?




ブログテーマ:我が家のペット

# by one_after909 | 2024-06-03 14:38 | 閑話休題 | Comments(0)
2024年 06月 01日

スチュの畫 遂に額装!


スチュの畫 遂に額装!_f0057849_11445884.jpg


Stuの直筆スケッチ


昨日、遂に額装しました。・・・自分で^^


スチュの畫 遂に額装!_f0057849_11452160.jpg

最初は他のアイテムと揃え、こげ茶のフレームを準備していたのですが紙・インクの具合からもう少し薄い方が良い様な気がしましたので若干薄い木目色のにしました。結果とてもいい感じになり満足です♪



以前掲載させて頂きましたスケッチブック(の裏表紙)⬇︎の中の一作でした。





同じ材質のお揃いの縦長のフレーム⬇︎(右)には、次に詩のノート・㌻と表紙を上手くアレンジ出来ればいいな…と、目論んでます。



スチュの畫 遂に額装!_f0057849_11554720.jpg
The Traveller




# by one_after909 | 2024-06-01 12:56 | THE BEATLES | Comments(0)