飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 12月 29日

muuseo更新 12/28・29


muuseo更新 12/28・29_f0057849_22000874.jpg


muuseo更新しました。


muuseo更新 12/28・29_f0057849_21313503.jpg


原智恵子さんの伴奏

muuseo更新 12/28・29_f0057849_21323209.jpg


冒頭の'40 東京万博同様、東京オリンピックの宣伝も明記されており、そんな歴史の一片も垣間見えます…


muuseo更新 12/28・29_f0057849_21334056.jpg




続きまして前回、掲載時イマイチ不鮮明だったアルバムJKを再撮影、差し替えました。‥気分スッキリ^^


muuseo更新 12/28・29_f0057849_21355973.jpg


そして『ブラームス』CD。此方もいつの間にか入手困難でお値段が…


入手容易な音源は『芸術』と巌本真理さんとの『新日鐵』放送録音だけ??151.png って事?‥そう考えれば、廃盤/入手困難→系統だった再リリース前夜って状況沸々ですね?とは甘いかな^^;


これで掲載36アイテムと相成りました。
muuseo更新 12/28・29_f0057849_21371144.jpg


さて、年明けは(独り)大試聴会を予定しちょります。


はい、満を持しての、あの大作アナログ盤です♪




# by one_after909 | 2022-12-29 21:59 | 諏訪根自子 | Comments(0)
2022年 12月 27日

drum overdub sessions





アルバム用、オーバーダブ3曲目。12月1日〜5日の間に録って貰いました。


Bメロの所の歌詞から、センスにお任せ…と言う事でお若い方の感性はやっぱり違いました。自分的にはなんとなく『ホテルカリフォルニア』のあの最後の所のimageが漠然とあったのですが、まぁありきたりだし想定内なので思い切って委ねさせて頂いた次第でした。

ご経歴・機材もさることながら、想像力と言いますか?もう違うなぁ…



I felt we created together pretty close even though online😌✨


こう仰って貰えて本当に嬉しい限りです。…確かにそんな感じ♪

老いた感性は須く◯◯的な範疇に囚われてしまうけど、ずっとお付き合いいただいてる天才Gちゃんもそう、新鮮なアプローチを与えてくれるので刺激的で実に楽しいです。まぁそれも我が'60年代脳がギリ破綻しない程度の絶妙な匙加減にとどめておいてくれる老婆心もあるのでしょう^^;


あとはEベースやなぁ?はて、どうする?


# by one_after909 | 2022-12-27 21:33 | 課外活動 | Comments(0)
2022年 12月 24日

Christmas Weekend🎄

Christmas Weekend🎄_f0057849_13053895.jpg


粉雪のちらつく中、生駒三郷のCafe Funchana さん

Christmas Weekend🎄_f0057849_13261398.jpg
いつもながら食べさし失礼<(_ _)>


メインは大和地鶏の香草ロースト-ヴェルデ/牛頬肉のラグー-タリアテッレからチョイス。流石ベーカリーさんらしくパンを前面に前菜からデザートまで多彩で大変ボリューミーでありましたのでシェアしました。どれもソースが白眉でとても美味しかった111.png
楽しませて戴きました^^ で、今宵は要節制!

Christmas Weekend&#127876;_f0057849_09024742.png

帰途、信貴生駒スカイライン経由で帰ろうか?と信貴山料金所迄赴きますと、何と「お通しできません」と!151.png 冬タイヤなしでは駄目らしい、ありゃりゃ気温が下がって路面凍結なのですね〜?それは仕方ないですな?然し、真冬でも912で上がる際一度もそんな事一度もなかったのにこの寒波はどうやら相当な様です。勿論、東北や北海道の凄さには遠く‥乍ら路脇には吹き溜まりの雪が残り・・・

結局、168経由で寝屋川で所用を足し友人・義父母宅にお届け物をしてギリでゴリ子を迎えに行って無事1日を終えました♪


…しかし、長距離行では余り感じない开车(運転)疲労感、どこも交通量多く渋滞で流石に疲れたな〜=_=


# by one_after909 | 2022-12-24 23:03 | Comments(0)
2022年 12月 21日

SHAC(SUPER HARD ALLOY CASE)



SHAC(SUPER HARD ALLOY CASE)_f0057849_17103402.jpg

SHAC = "super hard alloy case"


若しくは "silver hard alloy cobalt"。所謂、超硬ケース。


オーディオに続きます再登板の波、この四角い方は高校生の頃から所有する個体で他の後年入手のものも須く製造から優に40年経過している事を鑑みれば"超硬"と言う謳い文句は伊達じゃないどころか驚異的!と言って差し支えないでしょう。角落ち皆無でスクラッチも極少、超絶のコンディションを誇るばかりではなく、あの'Rado的'光沢・煌めきも時代/世紀を飛び越えて現代の眼で見れば実に新鮮に映り目から鱗、WGやPTの貴金属と比較しても些さかの遜色なく感じ得ます。

それどころか劣化が極めて少ない分この合金は、永遠の美と若さすら感じさせたり。

SHAC(SUPER HARD ALLOY CASE)_f0057849_17143595.jpg
ラウンド 65,000円
レクタンギュラー 70,000円
-SEIKO '80年 vol.1 カタログより-


他にも様々な形状のmodelが存在しますが、個人的にはシンプルなこの2型が選択肢として最も魅力的♪
…ま、昔から持ってるって慣れもあるんだろうけどね?その四角い方は今や"SEIKO TANK"と呼ばれているらしい…確かに^^(笑)

デザインの押し出し、機能・・・etc etc 年齢的なものか?はたまた過去の放蕩の大いなる反動(笑)?実用に於いては既にそう言うものが疎ましくすらあり、この華奢なバーインデックスとハンド、レターは薄いSEIKO QUARTZ と水晶マークだけで文字盤意匠に無駄なものは一切なく実に潔い。自分にとって34mmというサイズは既に古えのスポーツモデルの感覚であり乍ら然しこの薄さが希釈してくれてます。


金色のが戻ればこのラウンドのだけで回せるな? ‥と目論みますも、お見積もりは予想を遥かに上回り且つ文字盤は既にストックなく"修復"=書き換えに相成るとの事でした。おぅ!?懐かしい感覚!所謂リダンですな^^?と言うことで一旦キャンセルして戴きました。


さて・・・


# by one_after909 | 2022-12-21 20:14 | 閑話休題 | Comments(0)
2022年 12月 21日

muuseo更新 12/20・21

muuseo更新 12/20・21_f0057849_17153387.jpg


muuseo更新しました。


今回は、1951(昭和26)年の宝塚大劇場でのパンフレット。

この演奏會は表記の通り病床に臥すモギ先生=モギレフスキー教授の為のものだった事が判ります。チャリティだったのでしょうか?

muuseo更新 12/20・21_f0057849_16545342.jpg





the continuing story of・・・つゞき

# by one_after909 | 2022-12-21 17:07 | 諏訪根自子 | Comments(0)