飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:J160E ( 3 ) タグの人気記事


2018年 08月 21日

acoustic evening...part1

f0057849_1245064.jpg
シェアスタジアム公演の舞台裏。

ポールはジョンの2本目のJ160Eを器用に逆さまにして弾いている..。Manny'sのシールがヘッド裏に貼られている..ってあのNYの楽器屋さん?

ビートルズがこれを手にしていてから、あのジャリっとした音を手に入れる為に入手されたお輩も数知れずでありましょう。...自分もその一人ではありますが^^;

f0057849_1335567.jpg
...全然関係ないけどJOHNの腕にはOMEGAか?

ドスの効いた懐の深い響きは『I'll be back』で、苦虫を噛み潰したような...しかし得もいわれぬ滋味は『This boy』等で聴かれる独特の響き。我が所有の一本は90年代初期製で仕様に関しては以前何度も書いたので触れないが中古で入手して我が手元に来て15年が経過した..。

More

by one_after909 | 2018-08-21 12:06 | GUITAR | Comments(0)
2018年 07月 24日

蘇る...

f0057849_917958.jpg

我が長年の愛機J160E *変質者仕様^^ チューニングが合わなかった件...

新兵器導入も視野に入れ、やきもきしておりましたが贋Gのアドバイスもあり上海でリペアに出す事と致しました。。。

ネック捻れてるかも知れませんね?と言われておりましたので、最悪、手放して下取りして貰って何か適当なのを見繕うかな?とまで念頭に出向きました。..とは云え15年、異国の地で共にした一本ですから其れなりに思い入れもある訳でして、いざ手放す..事を考えると少々寂しく憂鬱な気分でありましたのも事実です-_-

f0057849_9313011.jpg
日本語堪能なイシバシ上海店のmr.Z

お若いのに実に手際よく的確に診断されて、最小限の手入れと太っとい弦を張る事でどうやら解消された様です! 時折りレモンオイルで拭ってはあげてましたが其れでも長年蓄積していたであろう指板の汚れなども綺麗にして頂いて...

楽器が喜んで見えるとは正に!でありました。

弦が.11〜とかなり太く感じ...いや、実際325に張ってるのと同じなのですがフラット弦故其れでもまだマシなのか? これまでとはかなり弾き心地は異なり正直、違和感もあるし以前はエレキ弦だったから鳴りも当然アコギの其れと相成り...云々ではありますが、このギターで参戦出来る事がファースト!嬉しいです^^ Zさん有難う御座いました
<(_ _)>

f0057849_1055155.jpg


by one_after909 | 2018-07-24 10:05 | GUITAR | Comments(0)
2018年 04月 24日

スピンオフ acoustic unit♪

f0057849_22453857.jpg

予てからあがっていたアコースティックライブに向け...新しい女性ピアニストを迎え、初のスタジオ入り致しました。


アコギ2本とピアノとパーカッション。


オリジナル演奏に極力忠実にアレンジを施さずやってきたので果たしてどうなるのか?..だったけど、いやぁ〜新鮮でいいですね〜^^

Gとの声の溶け具合もいい感じのケミストリで普段演奏らない曲、例えば...

"across the universe"

"julia"

"I'll follow the sun"

"I will"

...とかの佳曲を気儘に奏でる楽しさよ!

まぁこの辺りはスタジオではピアノ曲中心だったので時間が足りずに演奏出来ず、R行きつけの日本料理店のお座敷での合わせ(笑)だったのですが至極気持ちよかった! このJ160Eとも もう15年。ライブでよく使ってた頃、10年ほど前にペグを総交換した。以来、部屋で爪弾くくらいでライブでは使用してない。こちらもいつの頃からか? オクターブが微妙に合わなくなって来たので要調整。。。しかし再びこの愛機に日の目を見せてあげられるのも嬉しい限りです。

P100は通さず、ピエゾPUをサウンドホールに装着した。

つい先日も書きましたがジャリジャリとしたJ160Eの音は、この個体に関しては皆無。どちらかと言えばJ45のそれに近く、声同様にGのマーチンとの取り合わせもとってもいい感じに響いた。『バングラデシュ難民救済コンサート』でのジョージとピートハムのあの感じにコーラスが乗ってゆく様な表現が出来ればいいなぁ...と思ってます^^

f0057849_023626.jpg


by one_after909 | 2018-04-24 00:06 | GUITAR | Comments(0)