飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Paul McCartney ( 56 ) タグの人気記事


2018年 08月 16日

fuh you



3曲目!

C Moonを少し想起させるReggaeっぽいリズムで始まる、断片的な統合で一見(聴)シンプルそうで非常に凝ったつくりの曲。

先発のどれも曲/プロデュース共に非常にクオリティ高し! 久々に期待大の新作です
^^

...さて、ライブはどうする?

by one_after909 | 2018-08-16 01:13 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 08月 08日

また来る!

f0057849_9235399.jpg
f0057849_9234820.png



<公演概要>
PAUL McCARTNEY FRESHEN UP JAPAN TOUR 2018
ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー2018

■公演日程
2018年10月31日(水)、11月1日(木)
東京ドーム公演
開場 16:30 / 開演 18:30(予定)

2018年11月8日(木)
ナゴヤドーム公演
開場 16:30 / 開演 18:30(予定)

■料金(全席指定・税込)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円



誠、喜ばしい事なんだが最早毎年か...-_-;

とは言いましても、ニューアルバムがリリースされる直後でツアータイトルの通り"フレッシュ"なものと相成る事は想像に難くありませんちょっとだけね..

もう武道館挟み込みはないでしょうし*今のところ武道館イベントスケジュールにも載ってない、公式発売を待って取るか? VIP?...そもそも行くのか? 色々と考えどころであります^^


by one_after909 | 2018-08-08 09:11 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2018年 07月 02日

when I'm sixty four

f0057849_2244816.jpg

...をカジュアルに弾き語る右腕には変わらずアクアノートが巻かれている。PATEK社もLefty作って差し上げればええのに..

SGT.PEPPER'S 収録だからその頃と思われがちだが、ティーンの頃に書かれ未公開ながら1960年録音の所謂"The Charlie Hodgson Tape"に初期のインストでの演奏が収録されている..と言われている。
*SIrによって'95年にオークション落札されたらしい。Anthology 25周年盤には収録されるかな? リードトラックは"Now And Then"で^^



dachiroさんもコメント下さったが、新作のプロモーション兼ねてるとはいえこの番組はSir.ご出演のものとしては傑出してます! 演出/構成の人もツボを良くわかってらっしゃる! いつでも観れるように貼っておこう^^

この回、当地でも大好評だった様で、放送後に五枚のビートルズのアルバムにベスト盤All The Best!がi-tuneチャートに入った*"1"はなんとTOP40入り!らしい。。。効果覿面!やな?


by one_after909 | 2018-07-02 23:19 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2018年 06月 29日

Liverpool 煉瓦マニヤ

f0057849_15174345.jpg
getty images のサンプルフォトより。これは珍しい...

'70年代頃でしょうか? 鬱蒼となる前はこんなだったのか?

英国からやけに重い箱が届いた。販売の意義/経緯云々に関しては敢えて触れない事にするが兎に角、このヴィクトリア様式の1800年代の建物が解体された時に出たレンガである..。

f0057849_15333158.jpg

史上最強のA/B面曲を誇るシングル盤の一つに数えられる有名曲のモチーフとなった場所。そして作者の幼少期のゆかりの地...
私的には訪れて、そんな感慨に浸りながら佇んだ思い出の場所。

確か大学の頃だったか? シネクラブでキャバーンの煉瓦が売られたりもした。更に二度目に場所が移転された際の'80年代初頭に改修用に使われた元々の場所のものから今度は小さくスライスされたもの販売された。「黎明期ビートルズの音が」...とか書けばそれまでだが、'マニアのサガ' 其れはただただ酔狂であります^^;

向こうでは有名らしい"Carpool Karaoke"という人気番組企画で最近、Sir.が故郷リバプールを訪問され様々なゆかりの地でロケを行われている。Strawberry Fieldは訪れられて居られなさそうだが、その両A面のもう一曲のゆかりの場所は訪問されサインも書かれている! 国宝級だな?

f0057849_16455539.jpg

先のストロベリーフィールドもそうだが、ペニーレーンは正にこの同じ場所で写真に収まったものだからこれまた堪らないものが御座います^^ フォースリンロードの家も然り!


リバプールといえば、最近そのフォースリンロード(ポールの家)の裏手にある1958年に撮影された警察訓練学校のフィルムに遠く写ってる...すわ? これはBEATLES最古の映像だ!と話題になったものがありました。さぁ!どこでしょう? BEATLESを探せ!...って、わかりゃしないし興味もないわな^^;

f0057849_16575238.jpg



答えはコチラ。。。

by one_after909 | 2018-06-29 17:04 | 閑話休題 | Comments(2)
2018年 06月 25日

Egypt Station におもふ

f0057849_12184120.jpg
少し前、故郷Liverpoolでのシークレットギグで初めてご披露された新曲=後に"Come On To Me"と言うタイトルと判明=は正直、一聴して『イモ臭いロックナンバーやな?』..と畏れ多くも心の中で呟いた。

リードトラックが漏れ聞かれる頃、その一曲の好き如何で次に出てくるアルバムの印象や個人的な位置づけはだいたい決まってくる。

しかし公式に両A面としてもう一曲"I Don't Know"が聴けるようになると、個人的評価はどうやら決した様だ。勿論いい方に! 尚且つ珍しいパターンでその"Come On To Me"もライブバージョンよりスタジオバージョンの方がいい感じだ!



ROLLING STONE誌のコラムには...

"音楽を所有する"時代の終焉:CDとダウンロードはいかに消滅したのか?

..と仰々しく書かれている。そして本文中のラインを引用すれば、


今でもCDを購入するのはどんな人だろう? 
「ウォルマートで買い物する人たちだ」、「カントリー、グレーテスト・ヒッツ、サウンドトラック、赤ちゃん用レコードが相変わらず強い」。
(抜粋)

...-_-; そうか? 要はメインストリーム以外の輩(やから)ってわけやな?..自分含め^_^;

まぁ、確かに娘や息子がCD買ってるのなんて見たことないし*娘は年齢的にある時期まであった。 CDは将来膜(?)が劣化して聴けなくなるかもしれない。一番古い手持ちのものは恐らく'80年代中後半のものだがどうだろう? 一部ブートや自分で焼いたCDRなんかでは確かにそう言う状態のものも有るし、まぁ別にいいんやない? その頃には聴く音楽もまた変わ...ってるかな(笑)


多分、いや必然的にSir.の新譜も まだCDフォーマットで入手する事と相成りましょう♪


音楽趣味/収集もレコード時代からCDへ...そしてストリーミングへ? 年号も遂に昭和・平成から新しくなるし...しかし今の子達って"両A面シングル"って意味わかるのかなぁ?...とか思ったりします^^

by one_after909 | 2018-06-25 13:00 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 11月 08日

HOFNER四方山話

f0057849_21105472.jpg
八弦小唄さんよりご連絡を頂いた。

我がHOFNER 500/2の症状はネックの外的要因に加え...


"フロントピックアップの断線" という大問題も抱えていた模様です!

何と!一発鳴ってなかったのか?...そう考えればそれで長年あの音色を奏でていたのか!? とある意味驚愕でもある。...それ以前に気付かずに10年も使ってたのか?と呆れる-_-; Hofnerのスイッチ類判りにくいですからね〜(言い訳)

折角なので備忘録的に此方にも貼っておきましょう♪
f0057849_8461716.png


回路の都合上、フロントピックアップが正常にならないと、その先の配線(SWなどのコントロール類)の確認が出来ない様ですので此方も勿論 併せましてお願いさせて頂きました。今から仕上がりが楽しみです^^

この稀少な一本が不容易に歪めてしまった"本来あるべき姿/音"を取り戻す事が出来るのは何とも言えない喜びと同時に安堵も覚えます^_^; 引き続きよろしくお願い申し上げます<(_ _)>


さて、久々にHofnerの記事なので...
f0057849_8554597.jpg

折角なので 500/1の方も少しだけFocusしてみましょう^^

上のお写真は、若かりし頃のSir.のお写真。この2本目の500/1はBEATLES時代の'63年後半(9月頃..お!我が生年/月やん!)頃からご使用になられ始めたと言われております。このお写真でも判る通り有名な話ですがSir.の'63年製は微妙に前年までの仕様と細部入り混じったディテイルでありまして、このチューナー(糸巻き)部分は2連仕様のものが装着されております。

f0057849_953641.jpg

似たような角度で 我が'63年製を撮影、見比べてみますと...そのチューナーは同年以降の標準的な4個独立のものが装着されております。

マニヤというものはこんな所にもポイントを見出すものでありまして、偶々ご縁のあった我が愛機は"Sir.のと同年製"という栄誉は授かっておりますものの、こういうディテイルなどは微妙〜に異なる仕様に御座います^^; ま、ジョンの'58もそうでありますが完璧に細部まで..と参りませんのも我が運命(さだめ)の様です。

趣味も長くなれば紆余曲折はあれ、辿り着いた後は結構長い様な気がします。

折角なので、今後 もっと緻密に写真に残し保存の意味も兼ね貼っておくよう心掛けたいなぁ..と思ったり致します(^_^)



by one_after909 | 2017-11-08 09:27 | GUITAR | Comments(0)
2017年 04月 27日

Za, Bitoruzu~♪

f0057849_2320568.jpg

"サヨナラ...僕の中のポール・マッカートニー"


僕は気付かぬ内に、曲達がそうであるのと同様に"永遠"をSir.に投影してしまっていた。

'80年の落胆から丁度10年後、'90年に初めて念願叶って以来、作者自らの歌唱により享受させて貰い続けた この'幸せ'を何度も何度も...

そしていつの頃からか? やがて枯れた、幾分憂いを纏った表現が加わった歌の新たな味わいもあり、自らの老いと感受性の移ろいと丁度重なって違和感もなく受け入れる事も出来た。しかし今回、幾つかの過酷な曲達では最早、痛々しささへ漂わせ こう書けば語弊があるのかも知れないが其の'作者ご本人の歌唱で..'が叶わなくなってきた事をいやがおうにも悟る事と相成ったのだ。。。
ご年齢からしても当然で仕方なき事!このお歳で2時間以上のステージを熟しツアーを行う事自体が天晴れなのだ!..という事をその求めた"永遠"の中に見誤ってしまっていた。

ALL THINGS MUST PASS...
f0057849_23415144.jpg

崇拝者/ファン/マニアなら黙って有難く、生でこうして未だにお聞かせ頂ける事に感謝しとけ! ...とお叱りを受けるのであろう。そう、其の通りなのだ!


..冒頭の此の感覚は極個人的な一線、感謝を込めたケジメみたいなもの。


兎に角そうなのである。そんな感慨を抱いてしまったちょっとばかしセンチメンタルなショウと相成りました武道館は...最初に断っておこう!
サブライズはnothing! しかし頭のAHDNからガツン!恐ろしい程タイトな演奏で最初の数曲は痺れた!正にROCKだった!

f0057849_064824.jpg



続く'Jet'で'76年、'Junior's farm'で'75年の雰囲気をチョット味わせて貰いつつ 骨太なロックで固められたその冒頭を過ぎコンサートは...




by one_after909 | 2017-04-27 00:02 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 04月 20日

'66 そして'15、いよいよ3度目の武道館...

f0057849_12471991.jpg

不穏な情勢が囁かれる中...


"いよいよ"次週を目前に控え、果たして何事もなくご来日為されるのだろうか? ..な懸念も抱きつつ^^;

直近のインタビューで『まだ日本ではご披露していないプロダクションが...』くだりがございましたが、此れはアタマの'A hard day's night'の事でしょうか?

武道館に響き渡るアタマのコード一発!...も勿論いいのだが、ネット時代の弊害か? 性格の悪いマニヤには既に其の新鮮感は希薄になってしまっているのは否めない事実だ。じゃ、何が良いのか?

安直に50周年だからって"再現ライブ"なんてやって欲しくないし、そんな事は毛頭眼中にないだろう...

それでもSgt.Pepper'sからはタイトルトラックも含め何曲かは聴きたい! それも望むなら'She's leaving home''When I'm 64'辺りだ。悪いが耳タコの'Kite''Rita''Life'はもう結構です。'Getting Better'もいいです。

なまじっかビートルズ知識があったりすると、武道館='66=その辺りの中期のイメージがこびり付いてるからあらゆる意味で其の殻を破りきれない引き篭りマニア*自分も其のケなきにしもあらず にとりましては、『これは懐古的な事ではなく現在なんだ』と常識的に判ってはいても邪魔するのだ。初期/後期の曲やソロナンバーがしっくりこない。。。まぁそんなネガティブな概念も前回の武道館公演の余りの素晴らしさに'vanished in the haze'だったのですが^^;

f0057849_1255449.jpg
そう、この眺めは伝説の景色の幻影に投写された現在! 感慨深く、そしてスクリーンレスのステージはとても新鮮だった!

'I'm down'は個人的*オープニング希望を諦めていない。しかしこれも謂わば衝撃だった2001年のあのオープニングの再現でしかないのだが...

ツアーの前レッグでご披露された以下はリストに載るのだろうか?

'Why don't we do it in the road?'
'Love me do'

長いインタビューを読んでてエピソードが出てきた曲だが案外、演奏されれば案外新鮮な筈!だと思ったのは、ジョンの曲で且つ歌詞内容はSirの好みとは明らかに一線を画すとは思うが..

'Yer blues'

だ! スゴク新鮮で締まると妄想する。。。

そして一曲くらい最後のアーカイヴスシリーズ"Flowers In The Dirt"の中からあってもいいと思うが? はてさて? ま、別に無くってもいいか^^?...ソロ曲での要望はズバリ!
'No more lonely nights'と
'Silly love songs'だ!

正直、実現度は限りなきゼロに近いとは思うが、人生一度 生で聴いてみたい。。。

アニメの挿入歌の現時点での最新曲であります佳曲 'In the blink of an eye' も 'Here today'みたいな感じで..しかしさらりとご披露して頂ければとても嬉しいな。

それより何より、其のインタビューで語られた既に4曲が次のアルバムの為に録音された...との事なので此方も実現薄ながら発表前の新曲披露を!..とぜひぜひ期待したいところであります♪

...

この詣出も'90年から11回目を数え... さて、今回の"武道館"はその過去11回中最高だった前回を凌駕し、新たな伝説となるのだろうか? いや、もうそんな期待やネガティヴなマニヤ的思考は全て晒してこの特別な場所、然もこの伝説の風情は来るオリムピックを前に改装に入るという噂もあるので、あの'66年の景色の中で味わえる最後の機会と言って差し支えないのであろう。同義であの当時のシェアスタジアムはもうない...。そんな感慨の中でご勇姿を拝見させて戴ける幸せを大いに享受したいと思う次第である。


by one_after909 | 2017-04-20 20:35 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 04月 01日

1989 to nineties...

f0057849_1742342.jpg


More

by one_after909 | 2017-04-01 14:11 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2017年 02月 24日

ガラガラポン!

f0057849_135349.jpg

...やはり申し込んでしまった-_-; サガやな?


しかし今回は姑息な手段はなしで、フツーにやってみた。運を天に任せて。

結果、

VIPは見事にハズレ。..きっとそういう運命(さだめ)なのでしょう。そして昨日公式ページにての申し込みで表題の如しであたった席は良かった!最前ブロックでVIP確保列の次くらいだったからコレはラッキーと言わざるを得ない。素直に嬉しさがこみ上げる。

しかしだ!そう考えれば 過去の来日で安全確保の為、某クラブや国内販売先(?)経由で申し込んで充当てがわれた席って一体なんやったんや?...先行販売の癖にはじめっから残りもんか?的な疑念さへ抱かせる程トホホな、とても同じ金額の席とは思えないものばかりでした。
...今だから言うけどね。本当に最後かも知れないから(笑)...そりゃないか^^;?


とかなんとか文句垂れつつも今回も変わらずご来日を楽しんでる自分がいる。*25日に武道館が噂されてるなんてハナシ、昨日聞きましたが...ウソかホントか知りませんが もう勘弁してください。歴史的場所再訪は一度っきりが心に刻めます。

f0057849_13165455.jpg
...過日、8mm撮影フィルム・コレクションなるものをウチで眺めてました。

いろいろ珍しい映像あるものですね〜? 500/1と325添えで...同時期のカントリージェントルマン欲しいなぁ^^


by one_after909 | 2017-02-24 13:29 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)