飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:beatles ( 50 ) タグの人気記事


2015年 03月 28日

"PLEASE PLEASE ME" アルバムに関するエトセトラ

\"PLEASE PLEASE ME\" アルバムに関するエトセトラ_f0057849_11594850.jpg

ビートルズネタ、もう一丁!

...少し前のニュースですが、ちょっと気になったので。BlackBeatleより転載させて頂きました。

THEY WANT TO DESTROY EVIDENCE!. ENDANGERED THEHIDDEN SOUND TRACKS

6 months ago, on August 26, 2014 , was published to: CREATE A NEW MASTER COPY OFPLEASE PLEASE ME”, BY THE BAD STATE OF THE ORIGINAL TAPES.

A new master copy is created, (required for future reference or project), by manipulating the original tapes (which can no longer available, even being destroyed).
This news seems devoid of value, if not take account of the importance of the discovery published by BlackBeatle: there is “hidden sound tracks” in all songs!, starting with the first album!; and handling of this material, will only aim: destroy the evidence!
In fact, four days before this news (August 22, 2014), we dedicate a special note: The “hidden sound tracks” present on the album “Please, Please Me” (Yes, that same album which was reported: will suffer manipulating his mother tape). On that note, we explain didactic way as to have an alternative to the original lyrics, listening to singing different words on the left ear compared to the right ear; And consider this effect: a “filter”; A distant voice, acting as a shadow of the lead vocals, aims at creating an alternate letter that changes the meaning of “official” letter, and gives a new meaning, revealing. This note, on this link:
-BlackBeatle page: http://blackbeatle.net/letra-oficial-letra-alternativa-official-lyric-alternative-lyric/
-Facebook page: https://www.facebook.com/notes/blackbeatle/letra-oficial-letra-alternativa-offial-lyric-alternative-lyric/689982331089404
\"PLEASE PLEASE ME\" アルバムに関するエトセトラ_f0057849_1222767.jpg

As important fact in that note, we add that: MATERIAL TO LISTEN TO IDENTIFY “HIDDEN SOUNDTRACKS”, MUST BE IN STEREO FORMAT, to provide the full spectrum of sound, divided into two channel, and to arbitrarily select the left ear, leaving aside many sounds that hinder the developer listens. It is, “HS” (HIDDEN SOUNDTRACKS) ARE VERY DIFFICULT TO LISTEN IN MONO ( by transmitting all channels sound in the same channel). And guess what?: In addition to the news published, concerning the handling of the mother tape: You know what was the decision by Apple Corporation released just ten months ago, (in April 2014)?: Throwing (again), a complete remastering OF THE BEATLE DISCOGRAPHY IN MONO, and print it on VINYL!; That is: Create a new musical beatle product in MONO format to hide the “HS” (Hidden Sound Tracks), more easily audible in stereo format, and sell it disguised as an “innovative retro” idea, printed on vinyl.
To achieve this project: “BEATLES IN MONO, IN VINYL” was officially justified, a review of all archived beatle materials, as well as a possible manipulation thereof, if necessary (As published today in relation to the manipulation of the mother tape).
For example: Let’s read the excuses mentioned by Sean Magee (engineer in charge of building the “new copy mother” from the album “Please , Please Me “) in the magazine “Uncut”: (Working in “The Beatles in Mono”): “The tape was playing and it left a sticky sludge on the playback head,” says Magee. “Which isn’t very good: it places the tape under tension and potentially induces friction. We thought rather than have it do that, we thought we’ll make a new one”. Link here: http://beatlesmagazine.blogspot.com.ar/2014/08/beatles-engineers-forced-to-make-new.html
______________________
As one of the most important measures against the BlackBeatle discovery, has started a new remastered beatle discography in mono format (already published in 2009 [The Beatles in Mono, remastered 2009]), and for now, started with impersonation of original mother copy of “Please, Please Me” the first album, released in 1963, and whose “Hidden Soundtracks” have published just four days before this new, on our website. Surely the new mother copy, will have numerous “Hidden Soundtracks” deletions.
The analysis of this notice is necessary. Sure, there were many reactions against the BlackBeatle discovery; And the reaction contained herein, is just one of many made​​.

They want to introduce discography mono format as the big news, because it suits concealment of “HS”, easily identifiable in stereo format. Therefore, we recommend the original historical discography, or, failing that, excellent remastering done in 2009 : “The Beatles Remastered in Stereo”.

Also worth , of course , be attentive to the news that occur.
Until another time…

BlackBeatle group.

\"PLEASE PLEASE ME\" アルバムに関するエトセトラ_f0057849_1292490.jpg

タグ:

by one_after909 | 2015-03-28 12:05 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(0)
2015年 02月 26日

the beatle maniacs...そしてと或る思いつき構想^^

the beatle maniacs...そしてと或る思いつき構想^^_f0057849_11563277.jpg

もう6〜7年前になるだろうか?

上海のバンドのポールより禅譲して貰うお約束をしていたitemが手許に届いた。。。


【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill
タグ:

by one_after909 | 2015-02-26 12:55 | 閑話休題 | Comments(8)
2014年 12月 11日

ハンブルグの肖像 self-portrait by Astrid...

ハンブルグの肖像  self-portrait by Astrid..._f0057849_9104444.jpg


大好きな後方の..ショット。。。同時代に息吹いたrickenbacker 325と..

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2014-12-11 10:10 | GUITAR | Comments(2)
2014年 02月 05日

capitol albums..

capitol albums.._f0057849_10234686.jpg

私的には待望のセットである。..以前'64/'65 BOXとして夫々の年リリースのアルバムをボックスセット化したものが販売されていましたが。。。


冒涜と言われようが、初期(first four期)のベタベタechoの掛った音はオリジナル英国盤より遥かに好きだ! ..これにはちゃんとした理由があるのである。

我々'70年代のセカンドジェネレーション(極初期の追体験派)は各国盤LPが入り乱れリリースされた時代でビートルズに接しました..。

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2014-02-05 11:02 | etc...etc... | Comments(0)
2013年 11月 15日

live at the BBC vol.2

live at the BBC vol.2_f0057849_1026214.jpg


..先日、発売になったBBC録音の続編。


1の方もリマスタリングされて新装発売されました故、この一番廉価な 2組セットの輸入盤にしました。*4000円ちょい。因みに国内盤は7000円

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2013-11-15 16:48 | etc...etc... | Comments(5)
2012年 10月 21日

...in my ears and in my eyes♪

...in my ears and in my eyes♪_f0057849_1542757.jpg

悉く看板がなくなるので今はペイントなんだそうである。。。

意外と通りは長い...。
(*町の人々が1ペンスずつ出し合って造成した所以とあるが、実は某ペニーさんと言う奴隷商で財を成した人物の名字から取られた。と言う事を今回初めて知った。さてはて真相や?
...in my ears and in my eyes♪_f0057849_1521836.jpg


..そして歌詞に出て来る有名な一角には、其の他、教会(St. Barnabas Church)=ポールが子供の頃、聖歌隊に参加してた。BEATLESの初めてのフォトセッションを執り行った写真館(今は別のお店になってる...)も垣間見れた。

其の有名な歌詞に出て来るのは"銀行"や"消防署"、"理髪店"に"シェルター(バスの待合所)"。。。などなど。銀行は上の写真の場所にも現存してるが、実はこの向かいっ側の角も其の昔、銀行だったそうである...写真下☟

...in my ears and in my eyes♪_f0057849_241234.jpg




そして其の角から同じ並びには。。☞...in my ears and in my eyes♪_f0057849_2312040.jpg



有名な散髪屋さんが...


♪ In Penny Lane there is a barber showing photographs of every head he's had the pleasure to have known...

...in my ears and in my eyes♪_f0057849_2498.jpg


♪Penny Lane the barber shaves another customer ...そして床屋は別の客の髭を剃る。。。それは他愛もない、しかし途轍もなく軽妙でいい気分にさせてくれる"想い出の街の歌"の実在した場所とその歌詞の世界でした♪
...in my ears and in my eyes♪_f0057849_2404296.jpg


by one_after909 | 2012-10-21 02:50 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2012年 10月 18日

sunset over mersey...

sunset over mersey..._f0057849_065851.jpg
マージー河。

よく知れた事だが、60年代の或る時期に音楽シーンを席巻したリバプール出身のバンド勢を"mersey beat"と括った其の名の由来。

"CAVERN WALKS"(*キャバーンクラブの在る辺り)からぶらぶら歩いて10分弱、Albert Dockから夕陽の沈むのを眺めるこの至福よ。。。
sunset over mersey..._f0057849_034892.jpg
sunset over mersey..._f0057849_0154445.jpg

この日の朝から急に冷え込み、気温そして肌に触れる空気は明らかに秋の其れではなく冬だ。故に寒いので余り長居は出来なかったが、ベンチに腰掛けてこの景色を見ながら暫しモノ想いに耽れる感慨。長年ビートルマニアこれを表/前面に出すと得てして厭な顔される(^ー^;)ので、お洒落もするし他の趣味も有る隠れマニアで通して...はないですね(笑)を遣って参りまして、その集大成的な旅=ビートルズ生誕の地でその足跡に触れ、自分也に想いを自己完結させる旅なんとまぁ大袈裟な(笑)

歴史/事実はひとつだが、其の空想の域を出ない確信に迫る解釈が自由なのもいいトコロ♪

対岸辺りから此処からほんのもう少し北の方があのアンソロジーの冒頭に出て来たシーンですね?頭の中でレコード針が落ちかかっていた(再生寸前)"ferry cross the mersey"を慌てて掻き消してそのシーンのバックで流れてた"in my life"に掛けかえました。便利ですね〜?脳内i-pod♪
sunset over mersey..._f0057849_145053.jpg

*このお写真は1962年の9月に正にこの地!アルバートドックで撮影されたものだそうですが、後の其の建物との距離感 /そして他のアングルのお写真からしてもう少し北、canning dock 辺りか? mersey ferryのトコロじゃないかな〜?とか推測する。。。ん〜正に甘美なるBヲタ検証の世界♪って感じ(笑)?

by one_after909 | 2012-10-18 01:19 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2012年 10月 16日

some other guys at "CAVERN"

ロンドンを出る頃から苛まれていた偏頭痛。。。


時差ボケ由来の睡眠不足、そして何よりリバプールの"気"にもあてられたのか?到着以来、少々高揚気味だった事も相俟ってどうも余り調子は宜しくない...。駅から大凡10分程の距離にあるホテル*これは後程、詳細に記す事としよう...。に先ずは何はともあれチェックイン。部屋に入るや否やキングサイズのベッドに崩れ込む。...暫し踞ってはいたが30分後の待ち合わせも有ったのでロビーに降りて待ち合わせの後、先ず立ち寄りましたのは此処!そう。。。

THE CAVERN
some other guys at \"CAVERN\"_f0057849_13151425.jpg


ご存知!デビュー前後のビートルズのライブ本拠地。此処で彼等は300回近くライブステージをこなし*ハンブルグでの日々と共にライブ演奏力を鍛えていったのである。

現在のこの場所は'70年代の地下鉄工事の為、閉鎖になった元の場所より少しだけ離れた所へ移設(再現)されている。
(*余談だが大学の頃、その取り壊しになったオリジナル・キャバーンの煉瓦が証明プレート付きで数千円〜一万円程でシネクラブとかで販売されて、『何でも商売にするんやな?』と呆れ返ったモノであったが其の煉瓦も今や。。。である。まったく恐ろしい(-_-;)。

some other guys at \"CAVERN\"_f0057849_13255731.jpg






因みに ☞ が元の場所。今の場所から数十メートルしか離れてない。




..まぁ、何はともあれ諌む気持ちを抑え階段を下ってゆくと。。。

some other guys at \"CAVERN\"_f0057849_13341151.jpg


"CAVERN"

もともとはLe Caveauと言うパリのJazz クラブを模して其の昔ワインセラーだった場所(*戦時中は防空壕としても使用)を改装して造られたクラブ(其の模倣)。アーチ状の柱で間仕切りされたステージ前のスペースは想像通り余り広くない全体的にはソコソコ広いが...。しかし此処(元の場所)には一体どんなワインが貯蔵されてたんだろう?..とか今、全然関係ない事を妄想したりしてる自分。此処の場所柄、地元消費用としてそう高級な銘柄が貯蔵されてたとは考え難いが、港町リバプール!もしかしたら水揚げされたフランスとかイタリアとかから来たヤツを全国販売用に一時貯蔵してたのかも?...いや。フランスからだったらわざわざリバプールに着く筈もない?
some other guys at \"CAVERN\"_f0057849_1341683.jpg

ステージではアコギを掻き鳴らしつつおっさんのシンガーがドスの効いた声で BEATLESナンバーを独り歌ってる。...しかしヤケにギターの音響がジャリジャリとハイトーンで耳障りで煩い。

...『おい!この甚幸な一時の いまそんな事(ワインの事)を考えんでもええやろう?』 と自嘲しつつ、タイミング良く差し出してくれたhalf/halfを半分程ぐいぐいと飲んだら、アルコールも手伝ってか?目眩がして僕は其の侭この場に踞ってしまった!
some other guys at \"CAVERN\"_f0057849_13585393.jpg


【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2012-10-16 16:07 | 旅に出よう♪ | Comments(0)
2012年 10月 16日

D7 sus4!

D7 sus4!_f0057849_3121948.jpg

イメージは頭一発、標題のコードでお楽しみ下さい!(*"a hard day's night"の冒頭のアレです。

大方の予想通り、辿り着きたるは LIVERPOOL lime street駅! そう!ファン/マニアには正に聖地なので御座います!! デビュー50周年記念のこの年、正に其の月に此処を訪れる事が出来ましたのもきっと何かのご縁。幸せ以外のナニモノでもありません(ToT)/

D7 sus4!_f0057849_12245232.jpg


直接的/間接的問わず、街には当然の事ながらビートルズに溢れかえって居り、中でも駅からホテル迄歩く道すがら出会った このmusium of liverpoolのポスターのイラストなんかとても素可愛かった。欲しかったなぁ...

D7 sus4!_f0057849_11554341.jpg


D7 sus4!_f0057849_1254431.jpg街一番のホテル Britannia Adelphi (*1914年の築。Brian Epstein一族 御用達だったらしい...の古時計の針を巻き戻しつつ..

D7 sus4!_f0057849_11594869.jpg


恐らく此処からの...お見苦しくも"現実"とそして"歪んだ妄想"の入り乱れた展開と相成ります事をどうかご容赦戴きたく存知ます<(_ _)>


..それでは参りましょう!飽商909の『THE BEATLES デビュー50周年記念のリバプールの旅』はじまり!はじまり!

by one_after909 | 2012-10-16 12:36 | 旅に出よう♪ | Comments(1)
2010年 06月 28日

英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】

英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_1765817.jpg
遡る事 オランダ戦の数時間前..。

地下鉄 St. John's Wood 駅...その長~いエスカレーターを上がって暫く歩きました(*これ帰りの下りだけど(笑))。
英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_17115851.jpg
閑静な住宅街?みたいな感じなのでしょうか…?古いけど佇まいのいい建物が並んでます。

そしてとある交差点に差し掛かって、僕らは歩みを止めました。。。
英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_1719122.jpg
その先にあるのは…。

生活の中に普通に溶け込む交差点と横断歩道。しかし多分それは世界で一番有名であろう、あのビートルズの事実上の最終録音盤(*リリースされたのはLET IT BEの方が後)ABBEY ROADのジャケットで有名な横断歩道なのであります!
英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_172825.jpg

ナンバープレートは'28IF'ではない新型のBeetleが過ぎる...

ああ、しかし時計変態以上に長年、生粋のビートルマニアをずっと勤めてきた輩にはなかなかに感慨深いものが御座います。

...そして、そっと目を閉じれば其処に4人の幻影を見れる気がしそうでなりません。。。

英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_1742368.jpg
英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_838127.jpg

過去(妄想)と現実が頭の中で交錯する。

英国日記⑥ 【 ABBEY ROAD 編 】_f0057849_8311344.jpg


ミーハーと云われれば、それまですが、其の感慨は取敢えずひとまずは置いておいて、ここは意気揚々と渡る事と致しましょう!

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2010-06-28 11:50 | SIR.PAUL McCARTNEY詣出 | Comments(4)