飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:brian wilson ( 5 ) タグの人気記事


2020年 05月 27日

Orange Crate Art: 25th Anniversary

Orange Crate Art: 25th Anniversary_f0057849_11202150.jpg

兆し... 今回も。

長いトンネルをようやく抜けるみたいな。丁度、あの頃リリースされたこのアルバムに何かそんな気配を感じたものでした。あぁ、25年かぁ?

ORANGE CRATE ART

みかん木箱のラベル。...印象的な絵柄も多く、それ自体'アメリカ的'な意で象徴でもあるのでしょう。

Brian / Van Dykeの"SMILE"コンビの'95年の快作。当時本当によく聴きました。自身まだ30代前半だった頃の感性、郷愁に誘われる様なメロディーやコーラス。オーケストラ...とっても良いです。"Me and My Hobo Heart"の歌詞なんか、海外に出ることが多くなって結構そんな時期とも重なって本当に好きな好きなアルバムでした。まぁ、この曲中では『And now my travelin' days are through♪』と漂泊の日々は終焉してる訳なんですが25年経た自分の現実は。。。ぜんぜんやんけ〜-_-?


...であります^_^;



More

by one_after909 | 2020-05-27 09:30 | etc...etc... | Comments(0)
2020年 02月 29日

motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-

motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-_f0057849_16005491.jpg
Ay&TyさんのInsta拝見しいいな〜?とグレー x ローズの配色に面舵いっぱいモダン路線に大転換しよっかな?...とか妄想中。

Ferdinand Berthoud Chronomètre FB 1R.6-1
motif : Ashen x Rose Gold -カラーリング編-_f0057849_16011294.jpg


あと、昔から気になってたジュルヌさんのアレの感じもそうでしたね^^KさんのAPもそうだった...。


余りデザイン先に来ちゃうと飽きて長く使えない...ってのもありますが、さて?

前回の#2 Amelia(弐號機)の時は、リピーターで反響とか加味して銀製の文字盤でこさえて貰ったけど、極々シンプルでスモールセコンドの所だけ窪ませただけでした。今回ステンレスで構わないからこの手のデザイン採用するならレイヤー構造で貼り合わせ?とか...妄想してしまいますが、んにゃ?嫌がられるかな?

...と申しますか? この昨今の状況でそもそもどうなんや? 出来るんか?

ってのが先に参りますね^^;



More

by one_after909 | 2020-02-29 01:32 | ORIGINAL WATCH | Comments(0)
2017年 06月 21日

playback...

playback..._f0057849_1347524.jpg


PLAYBACK: THE BRIAN WILSON ANTHOLOGY


1. "Love And Mercy"
2. "Surf's Up"
3. "Heroes And Villains"
4. "Melt Away"
5. "Let It Shine"
6. "Some Sweet Day" *
7. "Rio Grande"
8. "Cry"
9. "Lay Down Burden"
10. "The First Time"
11. "This Isn't Love"
12. "Soul Searchin'"
13. "Gettin' In Over My Head"
14. "The Like In I Love You"
15. "Midnight's Another Day"
16. "Colors Of The Wind"
17. "One Kind Of Love"
18. "Run James Run" *

* previously unreleased

今年の誕生日プレゼント from me to me はこれやな^^


いろんな事が節目で、長〜い趣味でさへもどうやら...な今日この頃。BEATLES関連から遅れる事9年、大学の4年頃から真剣に聴きそしてレコード/洋書*smile gadgetとか...漁って掘り下げたこれもそうなんかな?

未発表曲を除けば自分で編集しようと思えば出来るのかも知れませんが、そういう問題でもありませんね? "神からの贈り物"と捉える事としましょう^^

More
タグ:

by one_after909 | 2017-06-21 11:07 | 閑話休題 | Comments(0)
2016年 04月 14日

ペットサウンズ50周年。。。

ペットサウンズ50周年。。。_f0057849_223296.jpg
初めて入手したPET SOUNDSは'70年代のアルバム『CARL AND THE PASSIONS 'SO TOUGH'』にカップリングされていた..と言う代物でした*しかもpromo盤^^;

ペットサウンズ50周年。。。_f0057849_22195435.jpg結局アナログはこれ一枚しか持ってません。。。


MONOが偏重される傾向にありますが、'90年代に初めて正式に(*'70年代STEREO versionってのもありましたね?)ステレオ化された際は狂喜しましたが、残念ながら何故か発売はされずpromo盤と其れをパイレートされた音の悪い海賊盤のみが流通しました。血眼になって入手した前者を初めて聴いた時..其処に拡がった桃源郷の様な音空間に蕩けたのをよく覚えてます^^♪

そして後年、目出度く正式にBOX SETとしてリリースされ、何故かアナログシングルがSUB POP レーベルより少量流通致しました
*40周年の時にリリースされた豪華(?)versionはDVDにもサラウンドや高音質のナントカHzで収録されて居り音質的に相対的BEST!だと思います。しかしもう10年が経つのかぁ...。

ペットサウンズ50周年。。。_f0057849_659893.jpg

ペットサウンズが好き!

..と言えば今では何かマニアぶった響きも伴うのは困ったものですが、これは単純に堪らなく切ない詞と美しいmelodyに溢れた素敵なLPです♪

そんな名盤の再現を含むライブ...大阪は明日ですね♪


by one_after909 | 2016-04-14 22:27 | Comments(0)
2015年 04月 15日

somewhere quiet...

somewhere quiet..._f0057849_17233955.jpg

"No Pier Pressure"

これは問答無用にいい! '神' Brianの新譜は間違いなくソロの最高傑作ではなかろうか?



ファン・マニアという生き物は兎角、どんなシチュエーションであっても基本的に肯定ありき!*表面的にゴチャゴチャ言っても^^..に為りがちなのですが此処に収録されている大方のトラックそして間/流れ..というものは彼の音楽/背景が好きな輩にとってはまさに感涙ものの瞬間が何度も何度も押し寄せ。。。嗚呼((((😭))))只々 号泣



アルバムは全部持ってる大好きな"She & Him"とののコラボ曲などオリジナル新曲は勿論のこと、意表を突いて泣かされたのが表題曲だ!

"summer means new love" *邦題『夏の恋

事前に何のインフォメーションも入れずに車で聴きましたので もう飛び散りました。..これは反則です! BEACH BOYS時代のpre-PET SOUNDSのインストゥルメンタル佳曲。『ん?..どっかで聞いた事あるメロディラインやなぁ..?』と気付く。ああ、もうあかん。。。この曲はリリースされたバージョン以外にも美しいコーラスを織り込んだテイクも存在するが、今回50年の時を経て"somewhere quiet"として思索的な素敵な歌詞を纏って新たな生命を吹き込まれたかの如しだ!

🎵Lost inside a deep sea of faces, Surrounded by eyes still alone... 嗚呼(嘆息ばっか..)



聴き進めてゆくと。。。

Delux editionの2曲のボーナストラックが。"in the back of my mind"の'75年のバージョン、デニスのハスキーさが乗り移ったかの様な歌唱が響く。。。不安定なファルセットにはまだ往年の香りの片鱗を感じる事が出来る。余りにも切ないDemo takeが胸を締めつける...




ブライアン・ウィルソン。この人から溢れるメロディ、そして声。この醸し出されるmoodは他者では絶対表現出来ない何かを秘めている。その"何か"が解明出来ぬ侭、深みに嵌って30年以上が経過した。。。

タグ:

by one_after909 | 2015-04-15 17:49 | etc...etc... | Comments(0)