飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:casino ( 4 ) タグの人気記事


2020年 10月 05日

At studio in Sanjyo, Kyoto

At studio in Sanjyo, Kyoto_f0057849_22430009.jpg
1965 Epiphone E230TD Casino / 1959 Rickenbacker 335 Capri


素晴らしい体験をさせて頂きました。まさにこれぞカジノ!ってルックス・佇まい、そしてサウンド!溜息の出る様な'素'の音は勿論、少しだけ歪ませて奏でれば...'REVOLBER'辺りの曲や"I Want You(She's So Heavy)"なんかでは目から鱗の響きでした!'60年代中頃以降の雰囲気には特にバッチリ嵌る165.png



At studio in Sanjyo, Kyoto_f0057849_08122357.jpg

やっぱりCasinoエエなぁ…


Capriをスタジオに連れて行くのは一体何年振りの事だろう? 相変わらず此方も痺れる様なご機嫌なサウンド!60年代初頭の衝動は健在也!確かに幾つかのパーツはリプレイスされているしトレモロ跡なんかも残った侭、コレクタブルではないのかも知れない。然しこのギターは『そんな事ぁどうでもいいよ!』とばかりにどこ吹く風の痛快さを雄弁に奏でるのだ!やっぱり堪らん!惚れ直してまうやろ〜106.png

このギターは、そして何よりAC30通して出てくるRickenbackerは最高だ!


今回どちらかと言えば、そんなギター趣味的な側面に年甲斐もなくわきゃわきゃしてしまいましたが、なんと'59 J160Eとか垂涎の一本なんかも次回は登場させて頂けるとの事で何かカタチに出来る様、模索出来ればいいですね? 楽しかったです、ありがとうございました!





by one_after909 | 2020-10-05 08:08 | GUITAR | Comments(0)
2019年 02月 07日

reissue

reissue_f0057849_13585042.jpg

original至上主義もアレですが、それでもライブではやはり近年のモノが安心感があっていいです。*Sir.もそうであられますしね〜?


そんな訳で我がバンドの贋J/P使用のライブギアであります。お休みで虫干し兼ねてケースから出してみました...

贋Pは現在シンガポール駐在なので、このHOFNERは預かっております。しかしなかなか湿気が多いので自分のギターは何度もカビたし気を遣いますところ。取り敢えず無事なようで一安心^^

reissue_f0057849_14201082.jpg


continuing story of Bungalow Bill....

by one_after909 | 2019-02-07 12:37 | GUITAR | Comments(0)
2015年 10月 16日

'66 casino...

\'66 casino..._f0057849_16522811.jpg

いちおうさらっとコードは拾っては居りましたが、ライブに向け本格的に詰めていかねばなりません。

今回の新曲は『超好きか?』 ..と問われればそうでもありませんでしたので細部歌詞も覚えなければなりません。うう。。。(-_-*) 曲は...

"GIRL"

バンドの贋ポールが好きな曲らしいので、しっかり覚えなきゃあきません。..この曲では"here comes the sun"同様カポを使用します。今使ってるゴムカポが劣化して参りましたので、アコギのmorris社のを購入しました♪

\'66 casino..._f0057849_16591037.jpg
本番ではリイシューのレボカジを使うので帰国中練習は美調度品vintageの'66 で。。。

8フレットにカポを装着!おお! クリップ式で超楽チンですね〜^^♪ 曲が発表されたのは'65年ですしアコギなmoodが漂ってますんでアレですが、このSBのカジノは中期のビジュアル的な気分を醸すには持ってこい!..です♪ ああ...しかし改めて カジノええなぁ。佇まい最高

\'66 casino..._f0057849_19171823.png


タグ:

by one_after909 | 2015-10-16 19:13 | GUITAR | Comments(0)
2013年 10月 02日

'66 epiphone E 230TD "casino"

\'66 epiphone E 230TD \"casino\"_f0057849_11205684.jpg

近年製の造りの良いしっかりしたハードケースの蓋を開けますと...

\'66 epiphone E 230TD \"casino\"_f0057849_11224311.jpg

うっとりする程素晴しいconditionのcasinoが鎮座して居りました! 堪らない...。

\'66 epiphone E 230TD \"casino\"_f0057849_11273113.jpg\'66 epiphone E 230TD \"casino\"_f0057849_11273423.jpg

Vintageのマーシャル アンプに繋がせて頂きますと、殊の外 予想外に乾いた音に驚かされます。もちっとサスティンの効いた伸びのあるサウンドを想像してましたんで...。

いや!マニアの観点から致しますと...これこそが正にあの中後期サウンドを支えた音以外ナニモノでもないのです!
(*そう!一見セミアコとは云え構造的に特殊な内部構造故、P90をして醸し出す特有なsoundである!と表現した方がいいのかも知れませんね?)

そして嬉しい数々のディテイルよ。

PUカバーや、ブランコがクロームなのは個人的には曇ぐもるニッケルより断然好きなんでOK ! ブリッジの駒はその内ナイロンに交換ですね?
...でも一点だけ、絶対交換したい箇所があるのです、それは。。。

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2013-10-02 12:08 | GUITAR | Comments(4)