飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:españa ( 2 ) タグの人気記事


2015年 06月 21日

重油をくれ!

f0057849_1540944.jpg

梅雨の中日の週末の夕暮れ時。。。

老外街の某レストランのお外のテーブルにて..風に吹かれながら往き交う人達をぼ〜っと眺め見送りつつtapasをつついてると期せず泡が空いた。


More

by one_after909 | 2015-06-21 16:29 | Comments(2)
2014年 06月 26日

tempranillo & royal oak..

f0057849_8205994.jpg

何の予備知識の無い侭、グラスを近付けしげしげ眺めたり香りを確かめたり...

沸き立つ様な芳香感は感じられず、先に口をつけた隣の同席者は思わず『ん〜清淡(薄い)!』と呟いた。

..なるほど第一印象はシャバシャバ水っぽい。

良く言えばお師匠様が古酒に相対された時に漏らされた『ああ水に還ってゆく..』あの過程に近い感もある..。しかし2口〜3口と進めるうちにこの希薄な中に意外やかなりの味わいがやや複雑に凝縮されている事に驚かされた。雑味は一切感じられずしかしブルゴーニュの気品有る端麗さとは明らかに異なった類いの味わい。。。ひとこで言えば"引っ込み思案なイイヤツ"、角の無いまろやかな優しさとでも言うのだろうか?

f0057849_8205067.jpg

...これがリオハのお味?

甘過ぎず、タンニンも強くなくフルーティではあるが酸味は上品。ひたすら優しい..。大山さんの繊細な和食にもこれ程 お料理を殺さず不思議なマリアージュを醸し出す赤ワインも初めてだったかも知れない。

f0057849_964579.jpg

思わず"また逢おうぜ!"と、その余りのスムースさに早々に空けてしまった事を少し悔やみつつ、もう少しその"人柄"を知りたい欲求に駆られるのでありました^^*同席者はいたくお気に召された様で、瓶を持ち帰りました

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2014-06-26 09:03 | WINE? | Comments(4)