飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ferrari ( 84 ) タグの人気記事


2020年 02月 17日

さらばナンバー909

さらばナンバー909_f0057849_16360234.jpg
長年慣れ親しんだナンバー...



本日、一時抹消致しました。トミージョン手術を受け、そしてまた復活の日を待つとしましょう♪ さらば909、次は別のナンバーで...

さらばナンバー909_f0057849_16365736.jpg
で、次は456とか?...そりゃないか^^


ん?そういえばこの前のCクラスのナンバーもそうだったけど、近頃のナンバーにはアルファベット入ってたよなぁ?


大阪 3xM ふ 456

とか? ありかも?いや余りにも安直か^^?
さらばナンバー909_f0057849_20202113.jpg



タグ:

by one_after909 | 2020-02-17 17:38 | FERRARI | Comments(2)
2020年 02月 11日

逢瀬


逢瀬_f0057849_11095975.jpg
organic globe amaranth...


そんな、とても珍しくって素敵なAmaranth colorのミニとのrendez-vous風景。いよいよ秒読み段階突入の模様ですね^^?

逢瀬_f0057849_10461111.jpg
キュートなHIPにズキンドキン💕。。。たまらん😋
逢瀬_f0057849_10435757.jpg


More

by one_after909 | 2020-02-11 11:21 | FERRARI | Comments(0)
2020年 01月 14日

Daytona Seats

Daytona Seats_f0057849_20012995.jpg
1974 ferrari 246 dino GTS


造形的にはそれ程好きってわけじゃないけど、なんとなく当時のイメージ的に気になったりする。


気分あがりそう^^

456M用のデイトナ・シートがebayに出てる。コンディションは余り良くはなさそうだが、修復は可能であろう。ん〜?

Daytona Seats_f0057849_20013777.jpg
2,850 ドル也


...って事はこの大きさで日本まで届いたらナンボ程? しかし換装したらジェントルからレーシーに雰囲気良くなりそな気配♪

Daytona Seats_f0057849_20160418.jpg
因みに今はこんな感じ。個人的には押し出しのない一歩引いた理想の室内。

ん〜? お尻と背中の部分だけ交換しても雰囲気出るかな?

その他は?よく見ればウチのノーマルシートには施されていない配色のパイピングが存在する様だ。
Daytona Seats_f0057849_21213676.jpg
⬆︎Daytonaシート: パイピングあり。


...しかし、その場合後席はどうなる? まぁフロントだけで充分そうな気はするが。 諄そうだしな?
Daytona Seats_f0057849_21410482.jpg





あの映画観てから益々クルマ熱が煮え滾っております! ...Although,趣味車は今ないけどね〜^^;(笑)




以下、戯れ言。
タグ:

by one_after909 | 2020-01-14 20:13 | FERRARI | Comments(0)
2020年 01月 10日

FORD v FERRARI

FORD v FERRARI_f0057849_08160704.jpg


例えば Matt Damon 扮する Carroll Shelby の駆る Cobra のステアリングの裏っ側の凸凹が覗くだけで...金属サンドイッチした細いウッドの感触の記憶が蘇る!

三つのペダルはまるで足踏みオルガンの様に忙しなく、無骨にガコン!とギアの入る金属のなんとも云えない音。

ブレーキディスクはマジにあんなに燃えるのか!? 素人にはわからんが...

もう堪らないシーンの連続!


7,000rpmの世界には縁はないけど...フツーの車好きにはマニュアル車を操るあの感触の様なものが手と脚に、その愉しみ悦楽がリアルに蘇る。

FORD v FERRARI_f0057849_08584598.jpg
'60年代のLe Mans。最初の6年勝ったFerrari、Fordが残りの4回を獲った其の後の王者は...この抜かされた車の。そして近年此処2年はなんと!


宣伝で謳われた友情やら王座奪取への野望、企業策謀の類のヒューマンドラマは勿論だが、見てるだけで胸がすく車、そして迫真のレースシーンの描写が堪らない!それもやはりCGだけでなく実際レプリカ車で撮影した臨場感の為せる技なのでしょうね?

やっぱり車はいい!


これに尽きる!あの時代の車好きは絶対楽しめる事請け合いです^^

FORD v FERRARI_f0057849_23481288.jpg

その単純明快スカッと!爽快な"車"な部分と同じくらいぐっとくる映画でした。思わずモトリタのステアリングが恋しくなりました♪ ...換装するか(笑)?







by one_after909 | 2020-01-10 20:33 | FERRARI | Comments(0)
2020年 01月 06日

deutsche 🇩🇪 italiana 🇮🇹

deutsche 🇩🇪 italiana 🇮🇹_f0057849_23043140.jpeg

まぁ? いい並びだこと^^

deutsche 🇩🇪 italiana 🇮🇹_f0057849_23292509.jpeg
サザビーズのオークションに出品された '69 "納屋" MIURA 1974/1975年頃のお写真だそうです..


😙

年齢を経て感覚的な変遷は当然ある、けど、しかし誰がなんと言おうがいいものはいい。

近頃はインスタで某氏の美しい356眺めてて、これ迄何とも感じなかったのが誠、現金なもので完全"隣の芝は..."状態であります^^;

deutsche 🇩🇪 italiana 🇮🇹_f0057849_21230399.jpg

半分くらいの時間は離れて...だけど

4気筒 ポルシェとも10年。

英国車への憧れ、そして離れられない宿命のイタリアの美女。



さて今年は?



つづく。。。


by one_after909 | 2020-01-06 09:23 | FERRARI | Comments(0)
2019年 12月 28日

silhouette

silhouette_f0057849_18483953.jpg

ROMA


そして遡る事20年も前のあの時代。456Mにこの流麗なプロポーションを与えた奥山さん...

均整の取れた奇を衒わない普遍の美しさ。嗚呼、恋しい


silhouette_f0057849_110269.jpg


2019年の晩秋夕暮れに佇んだ記憶。




by one_after909 | 2019-12-28 10:21 | FERRARI | Comments(2)
2019年 12月 19日

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?_f0057849_1011478.jpg


元気出しや、フェラーリはやっぱ赤...ROSSOやで?


...と我が456Mは変貌した姿で其処にあった。友人は付け加え 『あ、ついでに912の方もアゲアゲのにしとったったから』と

明るいお色目に気分を変えて全塗装!?_f0057849_10181710.jpg


なんと?


これは夢? 幻か? そのお隣にはあの11年前に最初に買った緑色の912が...アイボリーに塗り替えてから手元から離れていったあのクーペが、鮮やかなシグナル・イエローに変貌して目の前に鎮座していた! ああ、懐かしいなぁ? 黒のオリジナルを色濃く残した内装も其の儘だ。後ろの斜めのバッヂも...本当に懐かしい。


しかし真っ赤なフェラーリに黄色のポルシェ...

この2台が並ぶ姿は、本当に気分が高揚するな? って、クーペ? なんで? 確か今はベタベタに車高落としてタイヤも斜めに付いてるヤンキー仕様(?)になってる姿を風の噂で、いや、雑誌の誌面で見た筈やぞ?


おっと、失敬!タルガだったっけな? ほれ、後ろガラス外して幌仕様にしとったったで

More
タグ:

by one_after909 | 2019-12-19 11:14 | PORSCHE 912 | Comments(2)
2019年 12月 04日

F116

F116_f0057849_1113812.jpg

5,473cc V型12気筒 発動機


12で割れば単気筒あたりは456.033となる。だから456って名前。

456の魅力は当然の事乍らその流麗なスタイリング、そして内に抱くフェラーリGTの名に恥じぬこのV12エンジンの双璧にある!
442馬力 最高速度298km/hを誇るこの発動機は大凡、自分の様な余りそっち方面に有難味を感じ得ない向きには正に宝の持ち腐れなのではありますが、それでも一般道で体験可能なレベルでその片鱗は充分に享受する事が出来ます。それは4気筒の悦楽とはある意味真逆の愉しみです...


"んじゃ、その中身ってどないなってんねん?"


時折、ボンネット開けた具の感じは載せておりましたが、という事で今回はちょっとその中身を開けて覗いてみましょう

F116_f0057849_15222712.jpg



禁断の12気筒の秘部!?


ゾクゾクする(病気)



タグ:

by one_after909 | 2019-12-04 17:47 | FERRARI | Comments(0)
2019年 12月 01日

塗装に関する私的エトセトラ...

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_12201566.jpg

前記事の412のカラー…


ARGENT MET 101/C 続くのはMETALLIZZATO..だろうか? この頃の塗料はGrasurit社なのですね?。
塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_18511299.jpg


そして⬇︎の456Mのは GRIGIO TITANIO 3238  塗料はPPG社のもの …

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_13241649.jpg

PPG社塗料は現在でもフェラーリ車の中核であり、自動車メーカーとして世界初の低温硬化クリアコート技術を採用したとの蘊蓄があるそうです。

...と、まぁそれはエコの面からも画期的なのかもだけど、今今の事で19年落ちの古い車には余り関係ない話^^;

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_11211838.jpg


GRIGIO TITANIO 色に話を戻せば、456Mチョイスの際、自分にしては珍しく内外装共に色指定しての物色でありました。


曇天下では ⬆︎の様にARGENTと似た鈍いシルバーに...

そして通常は...晴天の許では、青空の色を写す感じで言わずもがなですが、こんな日暮れ時 ⬇︎でもブルーの入った感じに振れて変幻に富み非常に趣きがあって好きです♪

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_12125531.jpg

フェラーリはやはり赤、イエローそして白辺りが圧倒的に嵌ります。

しかしこの辺りのモダン以上クラシック未満の所謂、セミ・ヴィンテージのGTには少し落ち着いた感じのお色目の方が似合ってる様な気が致します。前にも書きましたが紺色なんて本当、ウットリするくらいですね^^


塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_1275876.jpg

お写真の一台は年式からか? 流石に塗膜は少し荒れてはいますが、それでもこの深い紺色は美しく蕩けそうです。

塗装に関する私的エトセトラ..._f0057849_1328756.jpg






つづく...




タグ:

by one_after909 | 2019-12-01 12:57 | FERRARI | Comments(0)
2019年 11月 30日

イタリア車 大図鑑

イタリア車 大図鑑_f0057849_23232333.jpg

こちらの本はなかなか楽しめそうだ 🇮🇹


...とか言いつつ例年恒例の年末の大処分中。もうあんまりモノ溜め込む癖も止さなきゃな-_-;

イタリア車 大図鑑_f0057849_23432041.jpg


More
タグ:

by one_after909 | 2019-11-30 09:20 | FERRARI | Comments(0)