飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:gimme some truth ( 3 ) タグの人気記事


2020年 10月 13日

私的な... John week #5♪

私的な... John week #5♪_f0057849_10583226.jpg
お目当てのBlu-Ray…



自分はオリジナル音像至上主義派ではないから、今の耳で感動出来ればそれでいいと思っている。


『Tug Of War』から極近年の『White Album』『Abbey Road』その時々、聴いていない『Imagine』と、此処に記していない2作品以外、どれも新鮮な驚きを持って楽しめたRemix作品達と同様に好意的・肯定的に受け止めました。オリジナルに要忠実であるべきなら'09 REMASTER盤等で事足るし、別の人が別の意図の元にマスターTr.を弄うのだから違って当たり前田のクラッカー!

当然、この盤も同様の批評・賛否に晒されるのは致し方なし。そして何を言おうがどう捉えようが個人の自由!って事。それ以上でも以下でもなし!

私的な... John week #5♪_f0057849_09073336.jpg
前記事で触れた「Instant Karma」に代表されるボーカルが歪んでわれる程ラフで粗々しいオリジナルこそがJohnの魅力である的な感想も見受けられるけど、個人的には永年抱いていた小さな不満の霧が晴れてようやく満足出来る音に出会えたと思ってます。

所謂、"青春真っ只中"だった『Double Fantasy』〜『Milk And Honey』の頃、特に後者の音像は劇的に変わってしまったけどそれでもカセット・ウォークマンで部活への2時間の通学路お供だったテープの一曲目、下宿してた親戚の家の玄関から飛び出すと同時にプレイ釦を押して始まる、文字通り「I'm Stepping Out」の躍動感は色褪せないしタイトなバンド・サウンドはよりドライに締まって響く!

…なんと言うのか?実に抽象的ながらどの時代の曲にもある共通した'空気感'があり、それはしっとりと非常に高貴で奥ゆかしい。それがいい意味で2枚組36曲…'60年代後半から80年迄、時代もなにも異なる楽曲達に統一感の様なモノを与えていると感じる。そして第二に"間"、曲間の構築が絶妙!短いのも長いのも実に緻密に計算されていて永年聴いてきた耳にも見事な起伏の脈略を紡ぎ心地よい事この上なし!

 そしてなによりジョンの息遣い、ボーカル、そして各楽器類の生々しさ、これに尽きるかな? これはもうオリジナルの残り香を漂わす"全新"=All Newで全くの別物と捉えなければならない域。コーラスなんかが向こうから被さってくる感じは最早圧巻ですらある。先の楽器類は飽くまで深くその残響は奥行きがあって崇高にすら感じる。

『Tug Of War』同様いつまでも聴いていたい類いの至福の音…とでも言うのだろうか?

Johnリリースでこれだけいいな?と感じたのは初めてかも知れない。仰られる通りこの穏やかな肌触りがロッカーとしてのJohnの粗々しい魅力を削いでしまっているとのご指摘はごもっとも、だが然し聴き慣れた耳にも同じ曲がよりリアルに、恰(あたか)もまた再び新たな感動を伴って再会したかの様な…「(Just Like)Starting Over」な如き...


う〜ん?なんか表現お堅ぇ。。。-_-


待望の5.1環境で鑑賞中…つづく





by one_after909 | 2020-10-13 17:32 | THE BEATLES | Comments(0)
2020年 10月 12日

私的な... John week #4♪

私的な... John week #4♪_f0057849_20480596.jpg


発売日が9日→14日に変更になってたんですね? 露ぞ知らずに、お安いから遅いなんぞと言ってしまい"AISUMASEN"...


Gimme Some Truth

最新のリミックス・ベスト盤。これが"私的なJohn week"のハイライトになります。リビングはオキュパイド状態です故、今宵は残念ながらBru-Rayでお目当てを堪能する事は叶いませんが、逸る気持ちを抑えられず自室でCDを聞いてます。

初っ端の、これ迄ずっと歪んだ音だった"Instant Karma"は実際どうだ? 細部の輪郭の様なものは5.1鑑賞に譲るとしてどの曲もとてもしっとりとした落ち着いた整合性のある音に感じる。選曲の妙・並びもどうやらいい感じに移行してゆく様だ、曲間も含め流れがある。正にジョンのソロの歩みを辿っていると云えよう。 永遠のテーマとハイライトとしての最後の二曲は致し方なし、それ以外は撰者の余計な意図が介入する事もなくこれぞ究極のベスト!との呼称に嘘偽りはなし!と此方も断言して構わない…と言った第一印象。


うん、いい。素直に、これはとってもいいと思う。SGT Pepper's、Hollywood Bowlとはエライ違いや(むちゃ執念深い-_-*) …ん?


うわ〜何やっ?この"Grow Old With Me"は!?


…そして全く見事な流れで大円団へ導かれる。それはまるで映画を観てる様な。。。



More

by one_after909 | 2020-10-12 20:16 | THE BEATLES | Comments(0)
2020年 08月 24日

家庭内地位下落警報

家庭内地位下落警報_f0057849_14205874.jpg
こうやってリビングでお気軽にギターを広げられるのもあと僅か。。。


それどころか、スタンドに立て其処に置いてあって常にいつでもちゃっと弾ける様にしてある奥の普段弾き2本も場合によっては...である。

皆不在の独りの時のリビングで、至福の好きな音楽聞く時間。据えたBOSEのウーハーも既に定位置から撤去移動を強いられて、不本意な場所に据えた故にバランスとかもうあったものではない ...まぁ仕方ないね-_-

我が意思に沿う沿わずはそんな事関係すらなく、遣って来る其奴はきっとウチでの地位はだいぶ自分より上にくるのであろう。...ま、仕方ないね-_-


家庭内地位下落警報_f0057849_14365818.jpg
そうそう!John の新たなコンピレーションが出るみたいです。


これはなかなかイカしたジャケットですね〜? 全曲Ultimatemix。選曲も曲の並びも凄くいいと思います!暫く遠ざかってたJohnモノで久々に購買欲唆るパッケージです^^


家庭内地位下落警報_f0057849_16490820.jpg

ベストアルバムといえばやはり"Shaved Fish"、そしてポールで言えば"Wings Greatest"。あの感じが好き。一枚で一つの作品としての趣きで聴ける。そんなところが...♪ 然し当然、全ソロキャリア網羅したら流石に一枚とは行かないしそんな感じで聴くのも難しいだろう。それは"Pure McCartney"でも感じた事。*因みにこのセットではDisc 3が好きで一番プレーヤーに乗る事が多い。


家庭内地位下落警報_f0057849_08465017.jpg
でも、年代順の流れで...これは潔くて好きです!"MInd Games"の括りの所で'You Are Here'の方が良かったのになぁ?とか個人的我儘は何時もの如くあれど、いい音で聴ければ...それが何より嬉しいですね^^

あっ!?ボックスセットにアレが付いてるやんかっ??


Bru-ray(5.1サラウンドとAtomos)。もう勘弁してくれ...いい加減別売りしてくれてもええやないか-_-;?


by one_after909 | 2020-08-24 21:52 | GUITAR | Comments(0)