飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:rickenbacker ( 40 ) タグの人気記事


2018年 12月 13日

9th December...

f0057849_115699.jpg

11月のSir.ご来日も、そして12月のこの日も...

Bangladeshで、特に先日の9日は現地で来孟ご来客もあり完璧にその日を失念してしまっていた。


帰国して、壁に掛かったギターを眺めながら、『そう言えば、Imagineの新装盤は買わず了いだったなぁ..』とか思いつつ..

遅ればせながらちょっと偲ぶことにした。

f0057849_1432913.jpg
1972年撮影の1枚。

1958 Rickenbacker 325 V81 やっぱり佇まいは堪らない。。。

だいぶ厳しい状態だが紛れもなく'64年に一線を退いたその侭の最後の'黒の艶姿'に違いない。現在はご存知の通りJOHNの意向通りにこの写真の後にナチュラルに戻され白いピックガードが奢られた*その外されたゴールドのPGとオープンバックペグは2014年にオークションに出品された.. 姿で保管されている。


そして対となるのに一番相応しいHOFNER。...本当は'61 modelがいいのだろうけどね^^;? '世界制覇前夜の布陣'印象も手伝って、ちょっとの差異なれど昔からコッチの方の造形のが好きなんで♪
*その'ちょっと'の仕様の差で出てくる音は結構違うのだ! そして"I Saw Her Standing There" のベースはやっぱり'61でなくっちゃあ気分出ない

f0057849_1545764.jpg





More

by one_after909 | 2018-12-13 02:24 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 24日

我が感傷の320

f0057849_20452981.jpg
先週末のAbbey Roadにて...

あたり前の様にライブが出来て...


下手っぴいな歌と演奏でも、熱烈に喜んで貰えるお客様方の表情に幸せを感じ...

心地よい疲労感に包まれながら、夜半にTAXIで戻る帰り道*この時間、高速が閉鎖されていれば帰宅に2時間掛かる。興奮物質(?...それが何か知らないが)が分泌されるのか明らかに気分は昂揚し、身体はヘトヘトに疲れてる筈なのに感じさせず不思議な充足感に満ちみちていて...部屋へ戻ってもナカナカ寝付けない。そんな夜。
f0057849_21134285.jpg

近頃はメンバーのスケジュールもあって、"出来る時は折角なんで纏めてやっとこう!"的にダブルヘッダーも珍しくなく、今回も翌日もお昼間からインターナショナルスクールでお呼ばれして演奏。*煩くてまた近隣住民より投訴...は最早我々のRoof Top的お約束!(笑)


今更ながら、これがどれほど貴重な経験であり且つ近頃の実生活にあって興奮を伴いエネルギーと感情の暴発・発散を味わえるこれ以上の場はまず存在しないであろう事を思い知るのだ!

16年。

度重なるメンバーの変遷、都度ラッキーが重なって新しい巡り合わせや、懐かしい顔ぶれの復帰で途切れる事なくバンドは存続しつづけてきたが、どうやら今回ばかりは一旦休止を強いられるのは必至の様相です。残念ながら...


More

by one_after909 | 2018-11-24 02:38 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 18日

Sunday kind of love♡...そして1980年のV81サウンド

f0057849_1319358.jpg

久し振りにウチで過ごす週末...


楽器拡げて、弾いたりお手入れしたり撮影したり^^♪  相変わらずLudwigは結局スネアもシンバルも無い侭です。。。
f0057849_13211720.jpg
f0057849_13212187.jpg


...そして魅惑のショートスケール

2オクロックfホールの赤と黒。'猫の眼' 2個と4個。向かって左のはキチンと弾けるようにして大事にしたいと思います♪
f0057849_13274040.jpg

右の赤いのはFOR SALE中...このheritageの次の担い手・嫁ぎ先絶賛募集中です<(_ _)>

さて、折角なので ちょっとタメになる(かも知れない?)事も記録しておきましょうか?


the continuing story of....

by one_after909 | 2018-11-18 13:45 | GUITAR | Comments(0)
2018年 10月 07日

THE 休日

f0057849_1464927.jpg

家でのんびりするのは実に久し振りだなぁ〜?

..と言うことで、そそくさとギター取り出して普段弾き様にリビングに置いている'59カプリと'66クラブベースを自分の部屋に仕舞って'58と'63に入れ替えました♪ う〜ん、やっぱりこの2本を眺めなら悦に入るのは堪らんなぁ?


今日はいちにち独り。さ〜何しよ^^?


。。。


..とかいいつつ6時間後。結局ソファーの上の魹(トド)で一日終わってしまいました^^; ま、偶にはいっか〜(笑)? レンズの埃を飛ばして、拭いてあげたり M9とα7sの2台の愛機もギター同様健在であります。

f0057849_17445777.jpg

場所/ケースで使い分けあっちこっち帯同して...思い出を刻んだり趣味のお品を綺麗に残すのに一役買ってくれております^^

レンズは今やアダプターを介して容易に共用出来るのもありがたい事ですね? 以前、所有してたSummicron 28mmではないですがもう少しバサッと纏めて切り取れる超広角もまた改めて欲しいなぁ。。。とか思ったり。

一本コシナ Voigtländer の Super Wide-Heliar 15mmがありますが、古いレンズの魅力に嵌ってから*東ドイツ製のZeiss JENAは特にコストパフォーマンス/利便性に突出しており大好きです♪は専ら其れ等の独特な写りに傾倒してしまって近頃はめっきり登場機会がなくちょっと勿体ないですね。


さ、晩ごはんはどうしよ^^


by one_after909 | 2018-10-07 13:39 | GUITAR | Comments(0)
2018年 09月 11日

小不満^^

f0057849_9583340.jpg

John Lennon仕様』とか、憧れの気持ちも込めて...

真似っこして色々 Guitarを弄んだ事もありました。今では長年一番弾いている存在と相成った'59年製のCapri、このギターと長年接して参りましと『きっとJohnも当時のパーツ交換はその時々行き当たりばったり以外の何物でもなかったんやろなぁ?』..っと妄想する次第であります。

...落ちたボリュームノブ、ブリッジ等 中でもビブラートユニットの存在。

自分の'59もオールド楽器の価値としては、パーツも変わった所謂"プレイヤーズなんとか"に違いないが、そんなものは糞食らえ!だ。色々趣味生活を続けてきて自分はパーフェクトな*コンデイションのものをずっと大切に長く所有するに向かない性格である事を嫌という程思い知った。そして何よりこの素晴らしい音色とやれた佇まいに惚れているから余りその様な事は気にならない。

このCapriも購入時は、Vシリーズのブリッジとアクセントビブラートが装着されていました。

ブリッジは偶々、頂き物のビグスビーも含め所謂ボウタイを4~5個程所有していたので色々合わせてみたが、Johnのとは異なる様だがコレが一番しっくりきて音も締まったのでそうした..。
f0057849_10192425.jpg

そしてビブラートは当時はなかなかコフマンを単体で入手する事も難しかったし、丁度Cシリーズを米国から新品引いて貰ってからライブで使ったりして、どうも使い勝手がよくない...と言うか不便だ!(特にアーム付いた侭だと)と判った標題の如く心中呼んで(笑)ので、国内で数回ライブで弾いた後、主に家で弾く事が多かったし、こと弾くに際してはコフマンに戻そう!とは思った事はありませんでした*取り回し/演奏性に関しては恐らくJohnもそうだったのではないか?

無骨で小振りなB5を大きなCapriに装着するのも如何にJohnと一緒とは言え見た目のバランス的にあかん...と思ったからその選択肢もなかった。結果Vのアクセントビブラートもその侭に、このブリッジで本当に当時のあの音を味わえていたので、且つ見た目も頗る好みで良かったし長年の相棒として常にリビングの隅に立て掛けてる存在となっている。

至上命令でかなりの断捨離を敢行し、弾かない他のカプリとは左様奈良しました。なぜか?335とは異なり超重量級の365。特にFGの方に装着してありましたストレッチ仕様のコフマンはなかなか格好良かったです。accent by paulの最初期のビブラートもクールだったけど...オリジナルと言う意味では年式的にコフマンなんだろうな? ...と言う事で、そんなコフマン仕様のカプリもなけりゃないで寂しいので、ここにきて1枚目の写真の物を装着してみようかな?と目論んだり致して居ります^^

自分仕様か? オリジナルか?..さて


断捨離といえば... 宝物(ホウモツ)のコレ、引き継いで下さる方お見えでしょうか? *time machineに乗って来たコレは流石に弾けない^^;
f0057849_1141310.jpg
f0057849_1134730.jpg





by one_after909 | 2018-09-11 11:12 | GUITAR | Comments(0)
2018年 07月 23日

揺れるバンドと...

f0057849_10234418.jpg

2002年より、変遷を重ねて現在に至る我らが贋BEATLESバンド。

現在のフォームになってからも可能な限りステージを重ね結束を強めてきた。贋Pはシンガポール駐在で自分は日本/中国/バングラデシュを行ったり来たり。これ迄は上海駐在の贋G/Pが居てくれたから何とかこうとかスケジュール擦り合わせも可能だったが、ここへ来て贋Gがどうやら日本へ帰任の運びと相成る様である..。

25年に渡ってこう言う生活をしていると、こちら(中国)で出会った日本の駐在ベースの方とは幾度となくこの様なお別れを経験してきた訳で、しかし乍ら帰任された後でも幸いにもSNSであったり、また機会があれば何年かに一回でもどこかで会って楽しく食事したりする間柄がつづくのは嬉しくもとても幸せな事だと思っている。

そうなんだ、帰任はお目出度く喜ばしい事なのだ! しかし無事に在任期間を勤めあげられ元の(or 新しい)生活に戻って行かれるお姿拝見してると毎度自分だけが取り残された様な少々寂しい感覚に陥ってしまう事も否めません(ま、事業やってる以上そんなことは覚悟の上だが...)

そしていつしか、バンド関係以外では同邦の友人/知人よりこちらの朋友の方が増えていった経緯も..。

気を取り直して! スピノフユニットたるAcousticフォームによるライブが控えて居りますので、これが贋G一旦区切りのステージと相成ります故頑張るとしましょう♪ ...併せまして彼も出張ベースでライブが継続出来ますように祈願しつつ(人)
f0057849_10435641.jpg


完全なフルオリジナル状態ではない我が'63 HOFNER 500-1、そして'58 RICKENBACKER 325...でもまぁ、これ以上は望む術もないし相応で いいかなっ?と思ってます^^;

'58の方は最終的にMG(NT)=Johnが入手した時の状態にしたいなぁ..と思ってますがさてはて? *我が個体は元はAGだったとか...

f0057849_12233123.jpgf0057849_12261439.jpg
やっぱり洗練された右より、無骨な左...それもナチュラルやな(個人的には)^^


至上命令により 少しずつ諸々整理しておりギターも本数減って参りましたが、ガレージから持ってきた品々で溢れる部屋を整頓するにはまだまだ減らさねばなりません。。。あ、あと先日の地震で壁に打ったギターハンガーが抜けかけので補修しなきゃです。...危うく325落ちかけました。



by one_after909 | 2018-07-23 11:57 | GUITAR | Comments(0)
2018年 03月 24日

今日の誓い...Things we said today

f0057849_23334898.jpg

先週末のことでした。。。

毎年、恒例と相成りました St Patrick's Day のチャリティーボール(パーティ)にて、今年も演奏させて戴きました。

会場/参席者の規模に圧倒された10年前と比べれば、この雰囲気に殊更な高揚感こそ当時と比べ希薄に相成りはしましたが、それでもこの環境で演奏出来るのは幸せに違いありません♪

午後のリハーサルで、モニター/ギターの返り等を入念に設定したにも関わらず、本番蓋を開けてみれば我々の前の馴染みのフィリピンバンドの設定の侭だったのか? 恐ろしい轟音ギターが後方から全てをかき消した! 歌の返しもなくって思わず面食らった(((@_@;)))...長年の相棒の320抱えてそんな感じで始まったステージ...

f0057849_235897.jpg

フロアにどう響いてるかは知らないが、皆さんノリノリで歌って踊ってはるのできっと大丈夫なのでしょう。でも流石にギター余りに煩いので 普段のVOXではない当夜のFenderアンプのボリュームを少し下げてやった。..が、どういうわけか?あんまり変わらない様なので諦めてそのまま歌と演奏を続けました。

I wanna hold your hand
she loves you
a hard day's night
can't buy me love
everybody's trying to be my baby
day tripper
I saw her standing there
get back
twist and shout


ハイ、臆面もなく鉄板リストです^^; ピアノ系有名曲除くと やはりここにall my loving とかhelp!とか歌って踊れる曲が加わった感じが受けがよろしい様で。。。そんな日付が変わった真夜中の渾身の30分一本勝負でした。..実はこの前にAbbey Roadで2ステージをこなしていましたのでもう精も根も尽き果てました..。
f0057849_7595220.jpg


More

by one_after909 | 2018-03-24 00:14 | GUITAR | Comments(0)
2018年 01月 26日

airing..

f0057849_12554949.jpg

...変わらないold rickenbacker ラインナップ

ちょっと前の虫干し時のお写真。..もう昨年末のことか-_-;

オリジナルKaufmanの強度ゆえテンション弛めにしてある'58と弦が錆び錆びの'60 Capri以外は臨戦態勢(?)にあります。..とは言え、やっぱりナットの加減で脱弦し易かったり、整備も必要ですね?

今でも手前の寝てる'59がいちばん手に取る機会が多いかな? 短尺の時は白いPGの'66が多いです。

f0057849_133148.jpg

やっぱりリッケンのFGは美しいなぁ?

この'60年製365 CapriのFGとNTの2本は殆ど弾くことが無いから可哀想だなぁ..と近頃思ったりします。どなた様か次、引き継いでくださる方がお見えでしたら手放そうかな。。。とか、考え中^^


by one_after909 | 2018-01-26 13:34 | GUITAR | Comments(0)
2018年 01月 07日

original '58y 325

f0057849_1594268.jpg

1958 Rickenbacker 325 Natural (Serial Number V83) Very Good All-Original Condition, Includes Original Case

Two serial numbers away from John Lennon's (Serial Number V81), the "Holy Grail".
Only 6 325 Solid Tops ever made, and only 4 with Natural finish.

In my 50+ years collecting guitars, this guitar required the most in-depth detective work and research to track down and acquire.

We came to know about the elusive and rare (ONLY SIX MADE) 1958 Rickenbacker 325's, 5/8 scale, hollow-body electric 6 string guitar during the Birth of the Beatles "Early" Hamburg days. The Holy Grail of guitars lovingly referred to as," V81" , Lennon's 58' Rickenbacker serial number. *"Lennon bought this guitar with a natural finish, gold pickguard, and Kauffman vibrato, on the Beatles' first trip to Hamburg, after he saw a Jazzman "Toots" Thielman playing a Ric model". With the advent of Beatles gear type "forums" such as Voxtalk's, and Rickenbacker Forum, many many more facts would begin to flood Cyberspace. Yes, there were ONLY were "SIX" solid top 325's ever made. Their serial numbers as follows:

V81 natural

V82 natural

V83 natural for sale here, now!!

V84 Two tone brown , and no photos known to exist.

V85 natural , considered lost or stolen

V86 Two tone brown

More

by one_after909 | 2018-01-07 02:20 | Comments(0)
2017年 09月 09日

週末guitar...

f0057849_22475884.jpg

さて、

先日の連夜のライブの興奮の余勢をかって*勿論、素人レベルででの話ありますが早速、次のステージに向けての新曲のセレクト擦り合わせを行いました。

勿論、
'BEATLES'は共通項ととしましても、夫々音楽的バックボーン/嗜好も違うわけで、若けりゃエゴの衝突何て事もあるでしょう? しかしソコはオヤヂバンドのいい所で程よい所で落ち着く所もイイ所^^

新曲は、後期曲ばかり3曲。

前身の2フォームでは何れもやった事ある曲達。...しかも一曲は弦楽隊*全く偶然だが、その前回のライブで繋がったその時共演したバイオリンの方。なんと13年振りの事!SNSも偶には..ですね^^ との共演で再現したいい思い出もある。今回は4ピースでの演奏だから一工夫必要かも? あと2曲はまぁ、普通に。

で、午後からチョット練習しよか? ..とギター取り出した訳でありますが折角なので久々に('60)315も取り出してみました。流石にこれは弾く気しませんけど。。。ふと、我に返らば『弾けないギター』なんてなぁ..とか近頃思ってしまいます。 その内の2曲、本番ではJ160Eも弾いてみようかな?...とか♪




つづく。。。


by one_after909 | 2017-09-09 23:38 | GUITAR | Comments(0)