飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:rickenbacker ( 47 ) タグの人気記事


2019年 08月 10日

夏休みの工作

f0057849_172227100.jpg


さて、

今回の弦交換のタイミングで、以前目論んだオリジナルに近い姿に戻す...を敢行しようと決意! したものの、よく考えればこのコフマンはCのもの*アームのみがオリジナルの’58年製 で元々の当時のビス穴類は合いません。 model異なりますが詳細はコチラ...

標題の如しで、シコシコとやろうかな? とも思いましたがやはりここはプロにお任せしよう!と、Hofner Club Bassに続きアメ村へ...
f0057849_17345797.jpg


*accent vibrato → コフマン

*ブリッジ ボウタイ → ローラーブリッジ
*Cのもの

それぞれ交換、および

*ネックのクリーニング


をお願いしました。何度(10年以上前に2〜3度)か国内のライブで使用しましたが、常にリビングに置いて普段弾きで一番弄ってるギターである事は間違いありません。コフマンは邪魔で操作性とか取り回しは良くないと思います、でも当時のオリジナルの姿に戻るのは嬉しい限りです。

豪華版の365のCAPRIもありました。価値がありcollectibleではありましたが重く今ひとつ手に付かず其れこそソコソコのコンディションにも関わらずこの335の良さが長年実に肌にしっくり来ております。音も素晴らしいしね!

上がってくるのを楽しみに待つ事に致しましょう^^♪ よろしくお願いします。


by one_after909 | 2019-08-10 17:27 | GUITAR | Comments(0)
2019年 08月 04日

Shea stadium jaclet と '65 styled cap

f0057849_178536.jpg


ステージ衣装 ...いやコスプレ衣装か^^;?


確かこのジャケットに袖を通すのは6〜年振りの事ではなかろうか?


緊張の瞬間。。。


ほっ、なんとか釦は留まる様です。よかった(笑)



まぁ、正直昨年の11月でやりきった感・燃え尽き感みたいなものは確かにありましたが、懲りずに今も帰任したメンバーから新たなフォームで継続してる訳でして、まだ擦り合わせ段階ですがその2回目のライブが週末に予定されており、そのステージコスプレ衣装をクローゼットの奥の奥から...って次第でした^^

f0057849_12361157.jpg

年齢も50代後半に差し掛かり、ご本人達が20代の頃の全盛期に着用した衣装を着ても痛いばかり。。。なのですがね(笑)

ま、真夏のライブは暑いし、カチッとシャツにネクタイを締めてJK羽織ったイデタチより確かにエエです♪


f0057849_15504054.jpg

釦外してラフにShea stadiumスタイルで行くか?それともキチンとボタンを留めて帽子被って行くか?

さて、どんな夜になるでしょうか?


by one_after909 | 2019-08-04 16:13 | Comments(0)
2019年 07月 03日

オリジナルの構造と強度…

f0057849_18392327.jpg

'58年製のRickenbacker 325


f0057849_184159.jpg


"Kauffman"


前々から、この部分の問題フルテンションで弦を張ると強度的に問題がある旨を伺っておりましたが、具体的に何処がどうなのか?正直判っておりませんでした。dubaiさんよりご教授いただきようやく理解出来ました^^;

要は...
f0057849_1885992.jpg


ちょっと見難いですが、← →の部分です。

プレート側の穴は本来、ストラップピンを兼ねた螺子で4隅のネジを補助する形でプレートを押さえなければならない = 螺子頭より少し小径でなければならない のがナント!逆に少し大きく押さえになっていない!と言う構造なのです!

←プレート穴径 → ←螺子頭径→


斜めから見るとよくわかります。
f0057849_1884015.jpg


ホームセンターで何か適当なワッシャーを買って押さえが効くように対応が必要!

...って事ですね?


因みに後年のコフマン(左)のプレートは穴の径もきっちり改善されております。但し大きさ/形状は大きく異なってしまっておりますが...機能優先ってところでしょうか^^;? 故にリプレイスは残念ながら不可であります。
f0057849_1885670.jpg



早速、ワッシャー買いに行くとしましょう〜♪


by one_after909 | 2019-07-03 18:26 | GUITAR | Comments(0)
2019年 05月 26日

再始動と再発見

f0057849_12161880.jpg

長年のパートナーを提げて3月以来のスタジオ入り致しました。


贋BEATLES、何度目かの再始動!

19曲を初合わせしました。まぁ、声とか100%の演奏コピーなんて出来っこないから、演奏的に"なんとかビートルズに聞こえる"を最低目標に掲げ85%くらいでやってますが、さてはて今回の布陣はどう言った音が紡ぎ出されるでしょうか^^

...しかし、

昨年8月の前フォームのスピンオフユニットの'acoustics'でピアノ入りでやったのを今回からは満を持して女史をレギュラーとして迎え入れ、初の練習*ベースレスでしたが...と相成りました。通常の有名な所謂ピアノ曲は贋Pが弾くのでそれ以外の意外に盲点な初期曲なんかが余りにも嵌ったので吃驚でした!

f0057849_21142971.jpg
'66年迄の所謂ライブイヤーズ。

当時の4人編成のライブではごく一部、'65年UK ツアーの"We Can Work It Out""Yeaterday"そして翌年まで続く"I'm Down"を除き、当然ギターだけのアレンジですが幾らマニアがライブバージョンはこうだから!とか言い張っても明らかにピアノ入ってた方がいいし、レコードみたいで新鮮至極!この路線は今後大いに期待だなぁ...とこの編成でのバンドの新たな方向性をも感じました♪

そうそう!

by one_after909 | 2019-05-26 21:49 | Comments(0)
2019年 05月 18日

it won't be long, yeah! yeah! yeah!

f0057849_15393038.jpg

Traveller's

昨日、遂に遥々大阪まで来た様です。もうすぐ着荷でしょうかね? 久し振りにギターでも手に取って待つと致しましょう^^



f0057849_173952.jpg




continuing story of >>>>

by one_after909 | 2019-05-18 16:08 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 04月 26日

tekaloid

f0057849_8565317.jpg


"どこからそういう話になったのか忘れたが、ジョンはギターを黒くしたがってたので、僕がそれをスプレー塗装してあげようかと申し出た。僕はバーケンヘッドで肉運搬業を営む父と仕事をしていて、多くのトラックを持っていた。だから父のワゴンを塗装したことのあるチャールズ・バンタムにそのギターの塗装を頼んだんだ。彼のリッケンバッカーは天然木目仕上げの透明塗装で、金色のコントロールパネル部が独立していた。それをジョンに返す時、僕はコントロールパネルを間違って取り付けたので、彼は少し騒いだ。でもジョンは払ってくれてないんだ。それは好意でやったことなので払ってくれなくて良かったんだけどね。バンタムは完全主義者だった。彼はテカロイドの自動車用黒塗料を使い、バーケンヘッドの彼のガレージで作業した。塗料が乾くのに3日かかった。"

クリス・ホートン 談 『ザビートルズギア』より...

continuing story of >>>

by one_after909 | 2019-04-26 05:33 | GUITAR | Comments(0)
2019年 03月 16日

冬眠からの目覚め

f0057849_1295393.jpg

到着した日、翌日と寒かったが、一転今日はお昼間20℃くらいまで気温も上り蕾も吃驚して一気に開花!な感じですね^^

f0057849_1381682.jpg
f0057849_1471477.jpg

SEXYなハスキーちゃんも、実にけったいな格好でウトウト。。。

さて、我がギターも久し振りに春眠...いや昨年11月以来だから最早冬眠か^^;?...から目覚めスタジオ入りしました♪

f0057849_8444295.jpg


More

by one_after909 | 2019-03-16 01:47 | 閑話休題 | Comments(0)
2018年 12月 13日

9th December...

f0057849_115699.jpg

11月のSir.ご来日も、そして12月のこの日も...

Bangladeshで、特に先日の9日は現地で来孟ご来客もあり完璧にその日を失念してしまっていた。


帰国して、壁に掛かったギターを眺めながら、『そう言えば、Imagineの新装盤は買わず了いだったなぁ..』とか思いつつ..

遅ればせながらちょっと偲ぶことにした。

f0057849_1432913.jpg
1972年撮影の1枚。

1958 Rickenbacker 325 V81 やっぱり佇まいは堪らない。。。

だいぶ厳しい状態だが紛れもなく'64年に一線を退いたその侭の最後の'黒の艶姿'に違いない。現在はご存知の通りJOHNの意向通りにこの写真の後にナチュラルに戻され白いピックガードが奢られた*その外されたゴールドのPGとオープンバックペグは2014年にオークションに出品された.. 姿で保管されている。


そして対となるのに一番相応しいHOFNER。...本当は'61 modelがいいのだろうけどね^^;? '世界制覇前夜の布陣'印象も手伝って、ちょっとの差異なれど昔からコッチの方の造形のが好きなんで♪
*その'ちょっと'の仕様の差で出てくる音は結構違うのだ! そして"I Saw Her Standing There" のベースはやっぱり'61でなくっちゃあ気分出ない

f0057849_1545764.jpg





More

by one_after909 | 2018-12-13 02:24 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 24日

我が感傷の320

f0057849_20452981.jpg
先週末のAbbey Roadにて...

あたり前の様にライブが出来て...


下手っぴいな歌と演奏でも、熱烈に喜んで貰えるお客様方の表情に幸せを感じ...

心地よい疲労感に包まれながら、夜半にTAXIで戻る帰り道*この時間、高速が閉鎖されていれば帰宅に2時間掛かる。興奮物質(?...それが何か知らないが)が分泌されるのか明らかに気分は昂揚し、身体はヘトヘトに疲れてる筈なのに感じさせず不思議な充足感に満ちみちていて...部屋へ戻ってもナカナカ寝付けない。そんな夜。
f0057849_21134285.jpg

近頃はメンバーのスケジュールもあって、"出来る時は折角なんで纏めてやっとこう!"的にダブルヘッダーも珍しくなく、今回も翌日もお昼間からインターナショナルスクールでお呼ばれして演奏。*煩くてまた近隣住民より投訴...は最早我々のRoof Top的お約束!(笑)


今更ながら、これがどれほど貴重な経験であり且つ近頃の実生活にあって興奮を伴いエネルギーと感情の暴発・発散を味わえるこれ以上の場はまず存在しないであろう事を思い知るのだ!

16年。

度重なるメンバーの変遷、都度ラッキーが重なって新しい巡り合わせや、懐かしい顔ぶれの復帰で途切れる事なくバンドは存続しつづけてきたが、どうやら今回ばかりは一旦休止を強いられるのは必至の様相です。残念ながら...


More

by one_after909 | 2018-11-24 02:38 | GUITAR | Comments(0)
2018年 11月 18日

Sunday kind of love♡...そして1980年のV81サウンド

f0057849_1319358.jpg

久し振りにウチで過ごす週末...


楽器拡げて、弾いたりお手入れしたり撮影したり^^♪  相変わらずLudwigは結局スネアもシンバルも無い侭です。。。
f0057849_13211720.jpg
f0057849_13212187.jpg


...そして魅惑のショートスケール

2オクロックfホールの赤と黒。'猫の眼' 2個と4個。向かって左のはキチンと弾けるようにして大事にしたいと思います♪
f0057849_13274040.jpg

右の赤いのはFOR SALE中...このheritageの次の担い手・嫁ぎ先絶賛募集中です<(_ _)>

さて、折角なので ちょっとタメになる(かも知れない?)事も記録しておきましょうか?


the continuing story of....

by one_after909 | 2018-11-18 13:45 | GUITAR | Comments(0)