飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:rickenbacker ( 68 ) タグの人気記事


2020年 04月 03日

complete ?

complete ?_f0057849_12395850.jpg
Thank you, dear Y chan...

さて、'風呂屋の亀吉'から我が盟友の元を経て十数年ののちに遣ってきた由緒ある(?)ギターである。


ウチの居間でRickenbackerと暫し生音でのセッションを愉しみました✨ "All My Loving"とか^^♪ 早くスタジオで太鼓入りで音出ししてぇな?


More

by one_after909 | 2020-04-03 18:47 | GUITAR | Comments(2)
2020年 04月 02日

神聖なる伝言掲示板

神聖なる伝言掲示板_f0057849_22182614.jpg
我が神聖なるこの壁面...



祭壇若しくは宗教的objetにも等し。日々、今日も無事に一日を終えれる事を感謝し崇(眺)め、そして時折り祈り(弾い)て心の平穏を保つ。


ぬ? なんじゃ?

神聖なる伝言掲示板_f0057849_20485892.jpg
病院のリハビリ予約票-_-;?


何故ここに挟む?此処を神聖な場所と弁えての所業か?...いや?これは愛のカタチ(表現)なのか? はたまた新手の挑戦状かっ? ...ま、確かに此処だと確実に見るわな?


ハイ、ごめんなさい。すっかり忘れてて家に電話掛かってこん様にちゃんと行きます。<(_ _;)>


by one_after909 | 2020-04-02 21:08 | GUITAR | Comments(0)
2020年 03月 21日

籠り連休

籠り連休_f0057849_16281696.jpg


ビートルズマニヤならホームベース型鼈甲ピック使こうとけ!


籠り連休_f0057849_00421422.jpg
画像は鼈甲ピック専門の K+K Factoryさんより...BEATLES model


…ってなもんでありますが^^;、'All My Loving'とか弾く時とかはこの型のピックは結構いいです、ズレ難いので個人的には実に重宝します♪ コレにはRickenbackerってプリントされてますが、きっと形だけ汎用一緒で色んなメーカーのがあるのでしょう。

ウチに居る時間が長くギター弾いたり、部屋片付けたり ...あ、断捨離も進行中!クローゼットの中2杯分やりましたがまだまだありますのでmaniacなヤツはBlogで出そうかな?とか^^


籠り連休_f0057849_16362709.jpg
すっかり暖かくなり、島にでも行こか? って目論んだりしてましたこの3連休でありましたが、おやすみ前に急遽 兵庫/大阪往来自粛!とか言わはるし、一応言うこと聞いて大人しくしてます。...ってか2日間一歩も外出てないし。 夜は夜で昨夜なんて久々に出前でも取ろうか?って事になって、いやぁ?今は選り取り見取りなんでもありですね?実に楽しい!

藤井翔太七段、御用達の某所より頼んでみました。約30分で持って来てくれるし大いにアリですね〜?


...話戻りますが、クローゼット片付けてて思いました。コレクションに於いて市販モノで一点商品ではない*且つ無茶苦茶高額でないものなんかでよく、実際使用品と鑑賞/収蔵用にとか2点購入したりしてたましたが、今の自分にはもう無為/無駄以外何ものでないです。変われば変わるもんだ(笑)

タグ:

by one_after909 | 2020-03-21 17:09 | GUITAR | Comments(2)
2020年 03月 11日

エキスパートに訊け!

エキスパートに訊け!_f0057849_10121230.jpg
揺れる私的 '58問題。...ってそんな大袈裟な話ではないけど^^;


久々にゆっくりとdubaiさんとお話しさせて頂く時間がありましたので、直に色々と尋ねてみた。流石にこのモデルの生き字引みたいなお方なので、事細かに詳細を知る事が叶うのだ!当然その対象シリアルの素性...とかも含め。ふむふむ。🤔

結論、

確かにソリッドトップモデルの稀少性は理解するが、そこ迄の拘りは自分にはない。that's all !


エキスパートに訊け!_f0057849_10240987.jpg
それよか、某パーツ驚愕の真実!

ジョンのV81に関して、ちょっと俄かに...だったけど確かに!ううう、欲しい-_-; けど穴開ける勇気ないし弾きにくいけど今の仕様は造形的に気に入ってる。反面、その容姿は無骨過ぎるきらいもあり...で、はて?どうしたものか?

唯一、興味があるのは"音"。

そうする事によって、どんな音の変化があるのか? 昨年'59カプリをボウタイから純正のローラーブリッジに、併せてアクセントビブラートからコフマンに換装した際の顕著な音の変化に随分驚かされたから、きっと金属部分の比率/堅牢性、ボディとの接合部分の面積や強度なんかは大きく関わってくるのは間違いないだろう。
エキスパートに訊け!_f0057849_09190322.jpeg
私的憧れの一本...それ故の煩悩。嗚呼...なかなか断ち切れん😝




タグ:

by one_after909 | 2020-03-11 22:02 | GUITAR | Comments(0)
2020年 02月 19日

"史上最大の作戦"...に激震した日

\"史上最大の作戦\"...に激震した日_f0057849_17115978.jpg
'one and only'のV81... *画像は転載させて戴きました<(_ _)>


聖櫃1958年製造のショートスケール(5/8)の325の生産本数は28本。内6本だけがSolid Topの仕様という...(-_-)b

更にその6本のうち現存が確認されているのはたった4本。その中の一本は言わずと知れた↑のJohnのV81。

つい先日のHofnerと我がV102との写真を見られた方が、なんとダイレクトメールを下さった!マヂか-_-;? Johnのを除けばたった3本と少ないからどれか?は当然明言避けるがある意味史上最大のオファー...で間違いない。ご縁にも恵まれた"Johnと一緒の塗った'58"こそ我が一本とし完結した筈が、なんたる事だっ?

昔からの癖で、時計の頃同様『あれとあれ手放して足るか?で...』とか普段は鈍い頭は瞬時にスーパーコンピューターと化すのだ!...しかし下世話だがきっと愛しのV102始め手持ちのギター全部処分しても1/3になるかって所だろう?どうするっ?

\"史上最大の作戦\"...に激震した日_f0057849_19015616.png
world's coolest *私見/自己満(笑) '58 325


断捨離と物欲退散修行も進み、所有に対する"怎"(なんぞ)はだいぶ減退したとはいえ、コレは只事ではない!


...しかし、写真もSNSも思いもよらないドキドキを運んでくれますね?...という事で今日の一枚は桜餅。故郷から送って貰ったおいしい嬉野茶啜りながら動揺する心を鎮める♪

\"史上最大の作戦\"...に激震した日_f0057849_23430390.jpg



by one_after909 | 2020-02-19 09:14 | GUITAR | Comments(0)
2020年 02月 02日

the prelude to the end...

the prelude to the end..._f0057849_22332765.jpg

本当なら今月、在上海のメンバーでスタジオに入り新しいドラマーさんと顔合わせ、そして幾度目かの再出発・'スターティングオーバー'飾る筈だったのが...


当然乍ら、そうも言っていられない状況でドラマー氏は会社辞令で一時帰国。海南島で春節休暇中のリードギター贋Gは休暇延長でその侭待機。不透明な状況...と申しますか、3月ライブデビューどころの話ではなく当然あの大規模なパーティ含め催し中止は余儀なくされる様相です。

...まぁ、そんな中にあってバンドにとっては光明と申しますか?*ご本人の意思は別として...贋Pも予期せずまさかの上海異動となり、先日 その赴任期間を一区切りとして"最後の一花"...と申しますか?混沌の"GET BACK session"後の傑作 "ABBEY ROAD"で最後の一閃を放った本家同様に気合いを入れて楽しもう!と話しました。

the prelude to the end..._f0057849_12265777.jpg
the prelude to the end..._f0057849_12352465.jpg

...話は逸れますが、その"混沌"としたと表現をしたセッション=映画"LET IT BE"も混沌〜解散への序曲的な位置付けから解放され、新たな一面に光明を当て新装され今年秋以降公開される。先日行われたプレビューからもその歴史改竄ではないが『そうではなかったよ』みたいな一連の流れが例のM・ルイソーンのアビーロードの次のアルバムに触れるジョン発言収録の会議録音漏洩とか道筋・レールが敷かれてる印象を受けますね?

しかし何やかんや言っても、新解釈版の公開は楽しみです♪

音の方は...スペクター版のリマスターと新解釈REMIX + セッション音源の箱になるのでしょう。
*しつこいけどWhite/Abbeyの感じ聞いてて、もうSgt.やHollywood Bowlみたいなあの(個人的には)最悪な音触りにはならんやろう?と思う次第です。

....



そんな訳で久し振りにギターを入れ替え、'58と'63を居間に持ってきて忘れない様にレパートリー復習。

一通り初期曲をこのショートスケールで弾き終えてスタンドに立てようとした時気付きました。 あ!

the prelude to the end..._f0057849_11360248.jpg
バックにウェザークラックが!

前々オーナーさんがJGにリフィニッシュしたこの個体も、ジョンの'58自体が当時リフされたものだったわけで『一緒じゃん?』な解釈のもと今日に至る訳で御座いますが...



生鳴りは、当初余んまり...な印象でした。其れでも手許に来てから更に数年が経過し弾き込む内に少しづつ変化して来た様に感じます。そんな顕われでもあるんですかね?

兎に角、このボディバックはプライウッド...と書けば響きは良いが、つまるところは"合板"=ベニヤ^^なんである!

故に角の所から欠け易い性質だし、ベコベコとまでは言わないがまぁそんな感じの印象である。だからこの特徴のあるクラックの入り方は心得がある。そう、ジョンが最初に手にした時のナチュラルの状態と同じであろう'59のカプリでそのバックの状態は窺い知る事が出来るのだ!そのカプリのクラックと同パターンが刻まれている...

the prelude to the end..._f0057849_23404926.jpg
ボディの大きさの差こそあれ、このカプリの生鳴りそして電気を通したサウンドは格別である。正直、'58とは比較にならない。これがオリジナルのあの時代のリッケンバッカー・サウンドなのだろう?...しかし逆説的にその稀少性と塗られたが故の乾いたサスティンのない特徴的なこの"音"こそが'58の魅力なのだろう。多分^^;


....


2003年。SARS所以の集会禁止明けのライブで満杯の会場で初めて本当のライブの醍醐味を体験してから...今回も?そんな日を心待ちにしつつ練習偶に欠かさん様にしとこう。'終焉'を意識すると殊更そう思う^^



by one_after909 | 2020-02-02 11:59 | THE BEATLES | Comments(0)
2020年 01月 09日

バンド活動

バンド活動_f0057849_00291186.jpg
Beatles Gearでない愛機達の初弾きとお手入れ...


最早、麻痺した感もある幾度目かの変遷。


昨年末 急遽、帰国の決まったバンドメンバー…自分より年上で、Jazzご出身。Beatlesにも精通されてて10年以上前も共演し、南京へ演奏ツアーにも出掛けた古いお付き合い。今や お互い50代の後半に差し掛かり『また、いつの日か...』と交わした言葉も当時とは重みが違うな?

近くは、和歌山'御仁'RのワシントンDCを彷彿させた初期曲でのあの独特の若きノリやパワフルな勢い、そして歌えて踊れる(笑)盟友Tちゃんのいい意味でビートルズらしからぬ正確無比さ、本当に色んなカラーのあるリズム隊にあって、どちらかと云えば後期の『Come Together』とかの手数の多いフィルとかが嵌った腕利きのドラマーであられた。

SGP贋ポールが引退後、水天宮でお店始めたらまた週末の夜やりましょう!ジジイのビートルズ106.png


...しかしタイミングよく、そのSGP贋ポールの現地での音楽お仲間さんが上海転任になるとの事で、有難い事にそのまま加入の運びと相成る。この辺りの"運"もバンドを長く、しかも海外で継続維持して行くには不可欠なのだろう。

来月、初顔合わせだがSir.Paul '82年の傑作アルバム・タイトル曲の歌詞を借りれば、どんな風に"また違ったドラムのビートで踊る”事が出来るのか?楽しみではある。


最初のフォームから間もなく20年、派生した今のフォームになってからも早15年が経過する。一向に上達しない歌とギター、見た目も更に厳しくなってきた。...まぁ中坊からの夢はある意味、十二分に達成/堪能したと思うから、既にボーナスの域で此処から先はもう行けるトコ迄やな^^?


バンド活動_f0057849_10251784.jpg


More

by one_after909 | 2020-01-09 01:42 | GUITAR | Comments(0)
2019年 12月 09日

9th December

9th December_f0057849_016095.jpg


"裏"がよく見えます^^

9th December_f0057849_0485768.jpg

GROVER オープンバックのギアが覗く景色は象徴的なもの。

一年遅れの我がカプリは5ピース、ジョンの'58は3ピースのネックだったのかな? ...ま、もう'ズバリ仕様'!とか拘わった過去も何処(いづこ)やら? 今となってはもうどうでもいいけど^^; 只 この頃のネックの形状は独特であり、平べったく幅も狭くなって最高に弾き易くなったもう少し後の'60年代前半のものと比べるとまるで四角い蒲鉾の様に無骨だ。でも15年最もよく弾いたから、そんな形状すら手に馴染み*決して弾き易いとは…言えないけどね 愛おしさすら感じ得る握り心地。...そう、


'あの頃'の空気を知っているギター rickenbacker


話を'その頃'=最初の写真に戻しまして、しかしそんなギター抱えたジョンにではなく観客の視線の先はどこに?

後の定位置とは異なるフォーメーション、しかし同じく'61の"裏"がちょっと見えるポールではなく更に端っこのジョージなのかな? 後のBBC録音とは比べ物ならないアップテンポでご機嫌なAin't Nothing Shakin' (But The Leaves) でも演奏ってるのかな? ...ま、お客さんあんまりノってる感じじゃないけど^^;
9th December_f0057849_0175058.jpg


今年はハンブルグのライブなどを聴きつつ...

Tanya DayThe Beatles

9th December_f0057849_19374999.jpg


どんな曲やったのかなぁ? 音源残ってれば聴いてみたいなぁ? とか妄想もしつつ、デビュー前後の衝動、情熱なんかに想いを馳せつつ。。。いろんな初期衝動忘れてしまったなぁと自戒。


More

by one_after909 | 2019-12-09 23:59 | THE BEATLES | Comments(0)
2019年 10月 23日

フルスケールとショートスケール

フルスケールとショートスケール_f0057849_0235956.jpg

6 Cat's Eyes 🐈

"リッケンバカ一代"を目指し*衣装との相性もあって...まして、ここ暫くはどんな時も、後期曲だって短尺の320で演奏して参りましたが今回はちょっと弾き難い曲もやるので、日和って久し振りにカジノを引っ張り出そう! と目論んでます。

という事で、その手の曲を335で練習。

大リーグボール養成ギブスじゃないけど、このカマボコネックの'50年代ので練習してると本番での320やカジノはもの凄く弾き易く感じてしまいます(笑) しかし乍ら鏡に映ったシルエットなんかはやっぱり其れだけで恍惚度なんかは違うのですがね...まぁそれはさておき^^;

フルスケールとショートスケール_f0057849_23305519.jpg


そしてちょっと時間は飛びまして...そのステージの時のお写真。思えばこの2本の相棒達とも長いなぁ? もう優に上海歴14〜5年が経過した。

今宵は🎃 x 🏉 x BEATLES のトリプルウィークエンド!

イングランド vs ニュージーランド戦の一喜一憂が大きなモニターのお庭の特設スペースやTVが置いてある部屋やカウンター脇から轟いてくる。ステージ前のテーブル席は全て予約で埋まってる筈なのに疎ら...。う〜ん? 人気も遂に凋落か-_-;


そしてユニフォームに着替えた30分前でもまだ。。。





by one_after909 | 2019-10-23 00:36 | GUITAR | Comments(0)
2019年 09月 28日

宅練

宅練_f0057849_16123790.jpg

前回の成功・盛り上がりを受けて、次のライブも決まった模様なのでシコシコ宅練勤しんでおります^^

そしてこの'58も晴れて実働機として調整完了致しましたのであれからウチでガンガン弾いております。


新編成のバンドもまだ、どの辺りの曲が嵌るのか? 手探りな状況ではありますが何となくその前回の映像なんか見てますと、後期系なのかなぁ?とか思ってしまいますが、はて? リードギター/ピアニストはBヲタ度は皆無ながら腕は確かなのでいいケミストリになればいいな...と思います^^


...そう言えば

More
タグ:

by one_after909 | 2019-09-28 16:24 | GUITAR | Comments(0)