飽商909の"ナローな"時計部屋

oneafter09.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:sentimental journey ( 1 ) タグの人気記事


2012年 10月 18日

sentimental journey...感傷旅行(?)

ちょっと渋目のトコ、行ってみましょうか♪


デビュー期からいきなり時代は解散期1970年迄飛びます。sentimental journey ..リンゴの初ソロレコードにして素晴しいスタンダード集と相成って居る、そのアルバムジャケットに写ってる建物(pub)。
sentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_11314228.jpg

場所はリンゴの生家から一辻折れた所...。僕のヒアリングが間違ってなきゃリンゴの伯母さんが経営しててお住まいもこの脇筋でご健在です。
*アルバムJKにも変なポーズのリンゴと共にしっかり写っていらっしゃいます。

sentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_1317068.jpg

スタンダードのカバーアルバムとしては意外と"ロック的に"凝ったジャケットには其の伯母さん以外にも色んな方々のお姿を拝見出来ます。
衛星のアンテナはやはり時代の経過を痛感させられるし、そして当然見上げた窓にはその方々の姿はない。。。


sentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_1247413.jpgsentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_12474141.jpg



現在の建物とその脇筋の様子。う〜ん...しかしこうして当時のお写真と今、撮ったばかりのお写真を並べてみましても殆ど違和感がなく馴染んでしまうのも凄い処ですね? ..僕もリンゴ同様に白黒で変な(ピース)ポーズで一枚撮って貰いました(^_^)♪



sentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_13103626.jpg





...そんな感じで居ると、観光ツアー客を乗せた"magical mystery tour"バスが偶然通り過ぎて行った*きっとツアー的には窓から眺めるくらいのポイントなんだろうな?此処は...。。1968年〜2012年 それは44年のdéjà-vu...当然、四人の青年達が僕に向かって手を振ることはない。。。

*そう、僕は只 彼等の後を追いかけてるだけなのである。中学2年のあの頃からずっとだ!其れは或る意味、手段/方法論は違っても彼等に向かって嬌声・奇声をあげてた当時の少女達となんら変わらんのである。。。いや?彼女達は若き日のアイドルとしての一過性の対象であっただけまだマトモと謂えるか?(苦笑)

sentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_13392080.jpgsentimental journey...感傷旅行(?)_f0057849_13392558.jpg

【 続 き 】…the cotinuing story of bungalow bill

by one_after909 | 2012-10-18 14:13 | 旅に出よう♪ | Comments(0)